ピクシブ百科事典

目次[非表示]

※この記事は『ダンガンロンパシリーズ』のネタバレがあります。
三作目のニューダンガンロンパV3最終章までの重大なネタバレがあります。
本編未プレイの方が閲覧することはダンガンロンパシリーズを楽しむ上で絶対オススメ出来ません。閲覧は自己責任でお願いします。

























概要

論破ログ7


ニューダンガンロンパV3』のオープニング及びchapter6にて登場する16人の姿のこと。

首謀者の白銀つむぎ曰く「最原終一ら参加者全員は、「本来は何の才能もないただの普通な高校生男女」だという。

V3の世界では、「チームダンガンロンパ」の『ダンガンロンパ』というフィクション作品が流行しており、1や2などの希望ヶ峰学園シリーズの世界は彼らの世界ではフィクションである。
彼らは世界的な人気を誇る『ダンガンロンパ』のファンであり、登場人物のオーディションに参加して合格した人々なのである。(だからニューダンガンロンパV3は美形が多いのかもしれない)

オーディションのビデオでは、最原終一は根暗であったり、赤松楓は基本人を信じない人物であったり、百田解斗は自分の目的のためならば人殺しも厭わない人物など、本編で見られた彼らとは異なっていた。
本編の彼らはプロローグの最初の思い出しライトによって本来の自分とは違う作られた人格の全くの別人だった。

旧制服時の容姿

赤松楓(愛称:ギャル松天海蘭太郎(愛称:リア海入間美兎
無題
あまみまみ
センシティブな作品
王馬小吉(愛称:凡吉キーボ獄原ゴン太
「大丈夫、大丈夫。
人間 or ロボット?
Imago
最原終一(愛称:陰キャ原白銀つむぎ真宮寺是清
【めっちゃネタバレ!】ロンパv3ログ
手放しタピオカ
<set>ダム·清
茶柱転子東条斬美春川魔姫(愛称:モブマキ
V3 まとめ
「消しゴム落としたわよ」
V3いくつか
星竜馬百田解斗夢野秘密子
プロローグ版 星くん
百田解斗誕生日おめでとう!
モブ夢野
夜長アンジー
モブアンジー


疑問

しかし、根拠は白銀つむぎの証言とオーディションビデオのみであり、実際に彼らが才能のない人間なのか、そもそも『希望ヶ峰学園シリーズ』は本当にフィクションなのかというと疑問符のつく部分も多い。

下の疑問一覧やオーディションビデオもエグイサルに声を変える機能があることから、チームダンガンロンパには技術的に捏造できる可能性もあり、彼らはファンでもなく、本当に才能を持っているという可能性も考えられる。
現にその後発売されたV3設定資料集では彼らの出身校が設定ではなく本物である事(但し本来の制服は旧制服の方である模様)、キーボは本編前から歴としたロボットである事が示唆されている。
特に最原の被る帽子や、赤松の音符ヘアピンは制服が設定されても旧制服からそのままだった。
余談だが、公式資料にはゲーム本編では写らなかった人物もおり、旧制服の春川のポーズについても「握り拳なのかも!?」と記載されており、この時でも体術が優れていることを示唆している。

他にも白銀つむぎが、最後にいった台詞で自分が超高校級の模倣犯であることを明かしており、
模倣犯とはすでに起こった事件を模倣して犯罪を起こす人物という意味があることから、実際に起こった誰かのコロシアイゲームを模倣していた可能性がある。そのことから、そもそも『希望ヶ峰学園シリーズ』はV3の世界でもフィクションではなく、現実であり、繋がっているのではないかという意見もある。

今作は『嘘』がテーマなうえ、チートアイテムの思い出しライトと黒幕の能力のせいでほとんどの記憶も記録も信頼できない状態なので結局のところプレイヤーが考え次第と思われる。

また、無印、2における衝撃的な真実には、それが真実だと知っている第三者の証言があったが、本作には黒幕の明かした真実を裏付ける証拠を持った人物が1人もいない。
視聴者はイメージ映像、操作とも取れるので除外。

疑問一覧

  • キーボ入間美兎はいくらある程度本人たちに適正があったとしても、才能がない人物が出来るとは思えないほどな活躍を本編でしている。


  • 入間の発明品によって運営側が大きく不利になる展開があり、自分たちが植え付けた才能のはずなのにコントロールができていない。

  • 少なくともオーディションで自ら応募していたはずの最原と赤松は、プロローグで拉致同然の形で集められている。反応から考えて他の面子も同様の模様。
    • 反論:恣意的に見ればプロローグの誘拐はドタキャン対策とも取れるし、16人の誘拐に成功できるのは「チームダンガンロンパ」だからという解釈も可能だ。
    • 反論の反論:本当に53回も続いた作品を見てきて参加を志願したファンなら、16人が集められた時点で察しがついてもいいはず。

  • そもそも熱烈なファンだったとしても自ら命を危険に晒してコロシアイに参加するものだろうか?
    • 反論:この点はまことが反証になっている。
    • 反論の反論:そもそも彼が実在しているのかさえ定かではないが。また、まことが命をかけて参加しようとしてはいない。

  • また法治国家でそのような物が成立しているのだろうか?
    • 反論:作中の会話からそれぐらい平和とも取れる。
    • 反論の反論:彼らは望んでコロシアイに参加した人物だ、と言う嘘の情報やオーディションを流すことで彼らがコロシアイをさせられたことへの同情を薄くしている狙いも考えられる。

  • 視聴者側もコロシアイを楽しんでいるようになっているが、ダンガンロンパは人が死ぬ場面を楽しむゲームではなく、推理や人間同士のドラマを楽しむものであり、趣旨が違っている。
反論:黒幕は夢野や魔姫の行動をある程度演出していた。
反論の反論:夢野、春川が大きく成長できたのは黒幕が加入したからではない。

  • ファンでありながら前回の参加者で生き残りである天海蘭太郎が一緒にいるにも関わらずプロローグでは誰一人そのことを指摘していない。
    • 反論:数年ぶりのダンガンロンパだから顔を忘れたという言い訳は可能だ(作中の人物からしたら天海は三次元の人間なので)。
    • 反論の反論:数年ぶりに再度参加したと言う設定なら、そもそも天海は前回のコロシアイかV3のどっちかの時点では高校生ではなくなってしまうので「超高校級」を集めたコロシアイの設定が成り立たなくなるのであり得ない。天海が高校生で居るうちに再度参加できる状況下で長く感覚を空けられたとしても2,3年弱程度なので、それで作品のファンであるはずの参加者が顔を忘れるのは無理がある。天海が葉隠みたいに留年しまくったという無理やりな設定を付けない限り、数年ぶりに参加したことにはならなくなる。また、普通のファンならまだしも大ファンの最原は何も反応していない。

  • 白銀は現実のコスプレをするとブツブツが出るが、フィクションである赤松のコスプレをしたのに”赤いブツブツ”が出たのか?

  • 赤松が記憶を失った旧制服時にモノクマーズという名称に反応しているが、他の人は「ヌイグルミが動いている」と発言しており、反応がバラバラ。しかも赤松に喜んでる素振りは無いので、オーディションに受かったと喜んでいる訳でも無さそうである。
    • 反論:これはマスコット=動くヌイグルミというネタをしたかったとも取れるし「回想シーンでは」赤松は喜んでいる姿を見せている。モノクマ本人が出てたら即座に理解できたという言い訳も可能だ。
    • 反論の反論:モノクマ本人が出ないと理解できないのは熱烈なファンとしては察しが悪すぎる。

  • 運営スタッフ側であるはずの白銀もプロローグに旧制服で参加している。また、最終的に演技だったかは定かではないが、彼女も思い出しライトを浴びている。
反論:そもそもプロローグにモノクマが出ていなかった(マザーモノクマが作動していなかった)思い出しライトで自分を黒幕と思ったという解釈も可能。

  • オーディションの映像では最原の名前はノイズが掛かっており、これが彼の本名ではないように加工されていたが、プロローグでは旧制服の時も「最原終一」と名乗っている。
    • 反論:そもそもノイズがかかっているが「最原終一」と聞こえる。
    • 反論の反論:そう名乗っているのなら、わざわざあそこでノイズをかける理由が不明。あそこで名乗りにノイズをかけることで、最原らの本名が別にあると信じ込ませる偽装工作だった可能性はあり得る。

  • オーディションの映像で百田が「全員殺してやる」と発言するが、ダンガンロンパはバトルロワイアルではない。過去作に則るなら殺して良いのは2人までであるし、殺した後の学級裁判を生き延びなければならないので、参加する動機として矛盾している。

  • 赤松、最原、百田はオーディション映像では望んでコロシアイに参加しているようだが、だとすると運営が植えつけた人格が正反対になる。このせいで1章ではなかなかコロシアイが起きず「コロシアイが起きなければ全員を殺す」と言う動機を提起せざるを得なくなったので、運営側は自分で自分の首を絞めたことになる。主催者からすれば誰かが殺人を起こした方がゲーム的に好都合であるので、コロシアイを望んでいる相手にわざわざ正反対の人格を植え付ける必要が無い。

  • その百田にわざわざ病気を植え付ける設定を設けるのも不自然である。結果的に運営の思い通りにならないことが起きたのはその時のモノクマの表情を見ても明らかである。

  • "ダンガンロンパはやりたくないコロシアイを強要されるもの"だと反論するとオーディションの発言がおかしくなる。

  • 一度参加したら出られない疑いがあり「不可能なんて何にもなくなる」というのは描写上あり得ない発言である。

  • キーボは視聴者の目線と言う設定になっているが、だとすると3章の殺害事件では視聴者にとって一番見たいシーンが見れなかったことになる。視聴者側からしたら面白くもないはずであり、そういう機会を逃す可能性のある1人のゲーム参加者を視聴者の目線に使うのは不適切である。
    • 反論:ただし登場人物が誘わなければこの状況自体起こらなかった。
    • 反論の反論:黒幕が使っているモノチッチのカメラの映像を視聴者に見せればいい話なので、わざわざキーボを使う必要性が薄い。キーボ視点だと視聴者側はコトダマ(手がかり)が集まらないので、学級裁判で色々考えるには不利で、視聴者目線に使うには不適切。どちらかと言うとキーボを探偵役に適切なキャラにした方が視聴者的には美味しかったのではないか。

  • V3は実は53作目と言う設定だが、この真実が生きるのはV3をプレイしている現実のプレイヤー本人であり、ゲームの世界の視聴者からすれば当たり前のこと過ぎて衝撃的な真実ではない。劇中で一瞬だけ映る53作目までのテロップを見ても52作までは普通にアラビア数字のナンバリングがついており(過去作に倣うなら52作目はV2と書くべきである)、V3と言うタイトルが過去作に倣ったものではないので、こんな紛らわしいタイトルにする意味がない。ここでV3にするには「V」に別の意味を持たせたダブルミーニングにすれば良いのだが、黒幕は特にVの意味について言及していないので、その可能性も薄い。

  • 53作まで続いていると主張する割には、白銀が行ったコスプレは無印と2の登場人物しかない。本当にそこまで続いているなら、現実のプレイヤーの知らないキャラクターが複数出てもおかしくないはずである。
    • 反論:ただし、白銀はその事に触れているし、マスコットは明らかに架空の過去作に言及している。
    • 反論の反論:言及すればいいという話ではなく、これでは3以降のキャラのコスプレが出来ない=3~52作目等本当は存在しないことを誤魔化しているようにも見える。

  • その過去作は「残り2人になるまで続くコロシアイ」になっているが、ダンガンロンパはV3を含めその前に黒幕と対峙する展開が恒例なので、そこまで続くシナリオが求められてはいない。

  • 天海の説明が下手すぎる。コロシアイ経験者とは思えないほど。劇中のビデオレターは一般人時代の天海が撮影したのではないだろうか?

  • また、不正してまで回収するくらいなら生存者特典自体が不要なものである。

関連記事

親記事

ダンガンロンパのネタバレ記事一覧 だんがんろんぱのねたばれきじいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「みんなのモブキャラ旧制服」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「みんなのモブキャラ旧制服」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5496309

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました