ピクシブ百科事典

アクナディン

あくなでぃん

アクナディンとは、『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』のキャラクター。

概要

CV:上別府仁資
ファラオに仕える六神官の一人。千年アイテム「千年眼」の所有者。魔物達を収容した石版を収めた「石版の神殿」の管理者。
実はアクナムカノンの双子の弟で、神官セトの父親。かつての国難の際、クル・エルナ村の住人99名を殺害し千年アイテムを生み出した張本人。

自身が王であったなら王位継承権を持っていたであろう神官セトがファラオの座につく事を心の奥で願っており、千年眼にも“息子を王にしてみよ”という願いを込めた。
盗賊王バクラによって千年眼に注ぎ込まれた邪念で心の闇が増幅することとなり、冥界の石版に七つの千年アイテムを納めてゾークを復活させ、闇の大神官となってファラオに戦いを挑む。ゾークの敗北後はセトに「白き龍」の力を与える為にキサラを殺害、自らも命を絶った(アニメ版ではセトの隠し持っていた短剣に刺され死亡)。その後、闇のTRPGでアテムらが闇バクラとの記憶戦争に勝利したことで魂は消え去りミイラも真っ二つに破壊された。

最終回においてアテムが冥界へと還っていく際、冥界の扉の向こうでアテムを迎える先王や神官たちの中には神官アクナディンの姿も確認できる。

関連記事

親記事

遊☆戯☆王デュエルモンスターズ ゆうぎおうでゅえるもんすたーず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アクナディン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 98979

コメント