ピクシブ百科事典

アストロメガ

あすとろめが

バンホール社が製造する2階建てバス。ここでは日本仕様のTDX24について記載する

東京観光の心強い味方はとバス。はとバスでは2階建て観光バスとしてエアロキングを保有している。しかしエアロキングは2010年に製造中止となっており、人気が出ても増車が難しくなっていた。そこで京阪バスの定期観光用だったU-規制適合のエアロキングを購入し、東京都内での運行に適合するよう改造を行って増車したが、これもいずれ限界が来る。

そこではとバスは今も2階建てバスが盛んに製造されているヨーロッパのメーカーに目を向けた。しかしヨーロッパのバスは日本の規格に比べて少し大きい。このまま輸入してきても車検に通らないため、公道で営業運転が出来ない。特殊車両扱いにして許可を取れば運行できるが、定期観光バス以外に貸切運行や臨時周遊コースも考えた場合、運行に際して一々許可のいる特殊車両扱いにすると非常に面倒な事になる。

なのではとバスは各バスメーカーに日本の基準に適合した2階建てバスを作ってくれないか?と交渉に入った。
しかしどのメーカーも日本の基準に適合したダブルデッカーが欲しいならこれだけの台数は最低限発注してねとはとバス1社では賄いきれない台数を最低ロットに要求してきたのだった。これはメーカー側の事情も分かる。特注品というのはどうしても手間がかかってコスト高になってしまうし、定期的に売れるものではない。だからメーカーとしてはよっぽどのお得意様でない限り特注品というのは受けたくないのである。

しかし各社が厳しい条件での発注を条件にする中、バンホールが条件面で大幅に譲歩し、はとバス1社で賄えるロットでの製造を引き受けてくれた。これにより、はとバスは2階建てバスの後継車に当分は困らなくなった。
日本の規格に適合したダブルデッカーバスが世に出た事でエアロキングの後継問題解決に一定の目処が付いた。しかし、重量の問題で3列シートでの導入は現状難しいようだ。

はとバス以外の導入状況

  • 東京ヤサカ観光バス

サンシャイン55の名称で貸切運行用に保有。座席定員55名。

アストロメガ初の夜行路線仕様。東京ディズニーシーと大阪・神戸を結ぶ路線に使用される。4列シート・トイレ付き。
有楽町・東京駅鍛冶橋駐車場と成田空港を結ぶ有楽町シャトル用に導入。こちらは収容力の増強というよりは、車椅子利用者の乗降時間短縮が目的。
4列シート・トイレ付き。新宿駅とディズニーリゾートを結ぶ路線に導入。2018年9月からは新東名スーパーライナーにも1往復導入。何気に東名高速線では初めての4列2階建て車である。

pixivに投稿された作品 pixivで「アストロメガ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 49

コメント