ピクシブ百科事典

アムル

あむる

アムルとは、アニメ『スーパービックリマン』登場人物。
目次[非表示]

概要

CV:山崎和佳奈
 フェニックスとティキに悪魔軍から助けられたことで一緒に旅をする少女。元はお祈り神父やお助けさんのいる礼拝堂で働いていたが、セントフォースのお導きという理由で2人の許しを得て、彼等と行動することになった。優しく面倒見のよい性格で、先天的に薬草学の知識と肉体治癒や服や装甲の修理を促進させる不思議な力を持つ。勇敢さや芯の強さも持ち合わせ、フェニックスたちが不甲斐なければ強く叱ったり、聖魔士と戦うこともある。父親が天使で母親が悪魔のハーフデビルであり、内には超魔力と超聖理力とが混在している(ちなみにシヴァマリアは元々は悪魔の種族)。悪魔時のときは、変身前でも肉体線を得意とする。また耳がとんがったり体も変身後同様になる。但し天使の羽は存在する。

月光聖AMAZOアムル

 

聖→悪


 サイバーアップ後のアムル。聖魔の戦士。
 当初アノドの影響で悪魔の女戦士として覚醒させられ、顔つきが普段よりもきつくなっており、声色も普段と大幅に変わっている。この一件はフェニックスにとって精神的ダメージが大きく、戦意喪失してしまいうも彼女はお構いなしに打ちのめしていた。
 その強さは、ティキも含め誰も歯が立たなかった。最終的にフェニックスの仲間を思う気持ちと純粋な天使の同士・マーニャの強い心が彼女を天使の心を取り戻すことになった。が、必殺技は相変わらず悪魔時の表情のまま。そのうえ、煙を晴らすために技使って吹き飛ばして「よし!」と言い切っている。
 武器に関しては悪魔時はサタンソードと云う名ののような棹状武器を使用していたが、天使の心が目覚める前のリトルミノス戦でリトルミノスによって破壊され、マーニャとの融合後は同じような形状のセイントソードを使用するようになった。


 魔月花
 妖狐聖破弾

余談

 大見出しの表記はAMAZOアムルであるが、シール表記はAMAZOアムールである。コミカライズでは彼女ではなくマリア(マリア(s)シルヴァ・マリア)が登場しているが、いずれもシヴァマリアの因子を受け継いでいる者同士。

関連タグ

スーパービックリマン フェニックス 大聖フェニックス ビシュヌ・ティキ

pixivに投稿された作品 pixivで「アムル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25803

コメント