ピクシブ百科事典

全世界の総重量8トン以上の大型車用オートマチックトランスミッションのシェアで約80%を占めており、年間22万基が生産されている。
かつてはゼネラルモーターズグループに属していたが、2007年8月に離脱した。

日本におけるアリソン・トランスミッション

日本ではアリソンジャパンが輸入・発売元になっている。社名は1972年の設立時はゼネラルモーターズ・伊藤忠商事・川崎重工業・いすゞ自動車の共同出資による「日本GMアリソン」から、1997年にアイシン精機とGMの共同出資による「アイシンGMアリソン」と改称され、2007年のGMグループ離脱、アイシンとの合弁解消で現在のアリソンジャパンになった。
日本での主力商品はバス・トラック向けのオートマチックトランスミッションで、国産4メーカーで採用されている。バス向けATのセレクターはボタン式、トラック向けは各メーカー独自のシフトレバーを用いる。

主な採用製品

関連記事

親記事

企業 きぎょう

兄弟記事

コメント