ピクシブ百科事典

アルゴナ

あるごな

アルゴナとは、『ウルトラマンガイア』に登場する怪獣。
目次[非表示]

データ

身長51m
体重4万5千t


概要

南極で発見された古代怪獣で、爬虫類両生類の中間生物(ミッシングリンク)。
武器は口からの黄色破壊光線。肉食性で常によだれを垂らしている。卵生だが、卵の表面を覆っているのは殻というより保護膜に近く、成体になるまで成長してから孵化する。

活躍

卵の状態で見つかり、当初南極からG.U.A.R.D.が輸送していたが、卵から発生した溶解性のあるゲル状の液体で格納庫に大穴を開けてしまい、東京の古田鉄工所に落下する。

古田鉄工所の職員と近所のヤブ医者はこの事を知ると「フルータ星人」と名乗って卵を人質(?)にG.U.A.R.D.から身代金を取ろうと企てた。しかしその途中で卵に変化が起こり、とある事情で鉄工所の面々に市街地から遠く離れた場所に移動されると、そこで孵化して暴れだす。

その場にいた民間人や梶尾リーダーを餌と認識して襲うが、その場に現れたガイアと一進一退の攻防を繰り広げる。倒れたふりからのだまし討ちを躱されてクァンタムストリームでトドメを刺されそうになるが、元々彼は被害者(?)であることに加えて「生物学において貴重な存在だから保護してほしい!」という京極博士の願いを受け、スプリームヴァージョンによる連続回し蹴りで戦闘不能になった後、ガイアブリザードで氷漬けにされて南極に戻され、そこで再び眠りについた。

余談

着ぐるみはゲシェンクの改造。

『ガイア』には「星人」を冠した宇宙人が登場しないため、地球人のハッタリとはいえ「星人」というフレーズが用いられたのはこの回が唯一である(一応前回の第34話では、原案の笈田雅人橋本真也がゲスト出演した特別編であることからネペロ星人という宇宙人を登場させる案を出していたが、脚本の川上英幸に却下されている)。

崖をよじ登る、梶尾の乗ったファイターを捕まえた際に嬉しそうに拳を突き上げるなどコミカルな動きを見せた。

アルゴナの鳴き声は、後にアニメ版星のカービィに登場する魔獣の咆哮に多く使われた。

この回に登場した京極博士役は『ウルトラマンタロウ』に登場した北島哲也役の津村鷹志がゲスト出演している。

関連タグ

ウルトラマンガイア ウルトラ怪獣
フルータ星人 身代金

関連記事

親記事

ウルトラマンガイア うるとらまんがいあ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アルゴナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29014

コメント