ピクシブ百科事典

アレン・C・ハミルトン

あれんはみるとん

エースコンバット5の登場人物
目次[非表示]

CV:増谷康紀(日本語)、Crispin Freeman(英語)

概要

オーシア国防空軍所属の軍人で、物語の舞台となるサンド島基地の副指令。階級は大尉。
エリートでありながら周囲への気配りを忘れない優秀な人物であり、軍属のみならず民間人に対しても丁寧な対応を行っている。
サンド島基地の司令であるペロー中佐は傲岸不遜で人望が皆無であり、それも手伝って基地内で彼を慕う人間は多い。

関連タグ

エースコンバット































ネタバレ

以下、本編のネタバレを含みます。



























黒幕である「灰色の男たち」の内通者。彼が過去に派遣将校として配属された8492飛行隊はオーシア空軍に潜り込んだ「灰色の男たち」によって構成された部隊であり、この時に彼らの思想に感化されて内通者としての活動を始めている。また、同じ時期にパイロットとして訓練も施されている。

主人公の所属するウォードッグ隊の活躍によって戦争が終結に向かう物語中盤、戦争継続を望む「灰色の男たち」の意向を受け、ウォードッグ隊を排除するために敵国のスパイとして告発する。これによってウォードッグ隊は基地から逃亡せざるを得なくなり、追撃に出た友軍機によって全機撃墜という憂き目にあうこととなる。
(ちなみにウォードッグ隊の逃亡の際、ハミルトンはナガセに殴られている)

終盤のスーデントール攻略戦では自ら戦闘機(MiG-1.44)に搭乗して出撃。ラーズグリーズ隊と名を変えて活動を続けていたウォードッグ隊と熾烈な航空戦を繰り広げた。施設破壊のためにウォードッグ隊が実験施設内のトンネルへ突入した際にも追撃したが、トンネル内で味方機の残骸に衝突、その場で機体が爆発して戦死という呆気ない最期を遂げた。

余談だが上述のトンネルへの突入はトンネル自体の狭さとハミルトンからの追撃が相まって難易度が高く、その印象深さからファンの間では「ハミルトンネル」なる愛称がつけられている。
また、エースコンバットインフィニティでは彼の仕様のMiG-1.44 -HT-が登場、特殊兵装がUGBからFAEBに変更されている。

pixivに投稿された作品 pixivで「アレン・C・ハミルトン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 273

コメント