ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

ああ~♡いいなぁ♡私も恥ずかしい格好晒して皆から笑われたいぃ・・・♡

概要

バニシング排斥婦人会」のメンバー。通称「被虐魔

キリタニの足下で踏み台としてスタンバっているドMまっしぐらな変態人妻。童貞を即死させかねないドスケベ衣装を纏い、自分を辱める文言を全身にボディペイントしたマゾヒストの鑑のような人。

かつてはブラック企業に勤めており、そこで現在の夫から暴力や暴言、さらにはセクハラを受けていたのが切っ掛けでドMに目覚めた模様。

正月には殴られ屋を一発千円でやっていて、カタギリ曰く「流石にこれはまずいわよ!」と至極真っ当なツッコミを受けた。


キリタニからは「」と呼ばれているが、彼女もこの呼び方は気に入っているようで、豚柄のエプロンや靴下を身に着けたり、「ブヒィィィィィ!!」と歓喜の叫びを上げたりしている。

しまいには粉骨砕身と言うべきところで「豚骨砕身」と口にする始末。

しかし、結婚を機に改心した夫は彼女の性癖をよく思っておらず、「メス豚じゃなく普通の母親になってくれ」と諭している。

…が、「トンカツ」というワードを聞くとドSモードに豹変し、普段とは一転して男勝りで荒々しい口調(一人称も「」)になる。


戦闘での役割はドM体質を利用したタンク役。

あのゴウダの蹴りもアンドウにとってはノーダメージのようだ。亀甲縛りで相手を束縛する能力も持つ。


能力

センシティブな作品センシティブな作品

彼女の所持するプレミアムリビドークロス「スケープゴート」は体が縄で亀甲縛りされており、頭部には謎の電波を出すヘッドホンを装着しているクロス。

相手にSとMと書かれたマーカーを張り付けることでSのマーカーを貼られた人物のドS中枢を刺激し、Mのマーカーを貼られた人間を攻撃するようになる。

ドSモードへの覚醒時には羊の角のような丸みを帯びた形状のヘッドホンが、悪魔の角のような鋭い形状に変化する。


「性癖第二解放」は弩S転換(サディスティック・コンバート)。スーツが破れ、黒いオーラを纏い素肌に紋様が浮き出たデザインに変化する。手にメリケンサックがはめられており、かつて務めていた工場で培ったスピードを生かして相手を攻撃する。ライン作業で鍛えたプロボクサー並のハンドスピードを駆使したポンポンクラッシュ等のポンポンを頭に冠した各種腹パンを使用する。その強さはスピード星5つ評価や防御力星5つ評価のリビドークロスを持つシキジョウサナモリも瞬殺するほど(腹を執拗に狙うのは自身の妊娠に対する複雑な思いがあるのではないかとの考察もある)。更には「瞬速コンバート」によって、瞬時にスピード型のドSモードとタフネス型のドMモードを切り替えることができる。


活躍


  • 第8話 バニシング排斥婦人会

他の婦人会メンバーと共に登場。上の変態三人の連帯責任として一緒にサナモリがいじめられているのを見て羨ましそうにしていた。

後編でキリタニが管理人排斥の指令を出した際は、床に這いくばりながらスマホを見ていた。


  • 第9話 バニシング執行部隊

ヌマジリ宅の隣の部屋の夫婦が真っ昼間から大声で子作りをしていたことに腹を立てたキリタニによって同じく執行部隊のショウダツジサキと共に派遣された。ツジサキと共に夫を食い止め、ショウダが家財道具を軽トラに積み込んだ後、夫婦を縛り上げてトラックに詰め込んだ。


  • 第13話 人妻交錯

料理中にショウダがヨシダに敗れたことを知らされ驚愕する。

それと同時にキリタニからB級人妻たちを仲間割れさせるよう指示される。

その後、興奮がピークに達した彼女は全裸になりフライパンからはねる油を全身で浴びていた。


  • 第14話 人妻交錯Ⅱ

かつてある工場に勤めており、そこで現在の夫である工場長からパワハラを受けていたという過去が明らかになる。

夜の営みの際にも夫に虐めてほしいと懇願するが、結婚、妊娠を機に改心してしまった夫に欲求不満な模様。


  • 第15話 復讐魔&被虐魔

打倒婦人会祈願のBBQをしていたB級人妻たちの元にリビドークロスを装備した状態で現れ、目にもとまらぬ速さで彼女たちにSとMと書かれたマーカーを張り付けた。


  • 第16話 復讐魔&被虐魔②

変態人妻に変身したB級人妻たちをクロスの効果で仲間割れさせた(ただし、酩酊状態であるサカクラは仲間割れ関係なく自滅していたが)。

途中、ミズタニイカヤマが性癖合体で放った「ぬるぬるテンタクロス」でサナモリを襲っているのを見て我慢できなくなり、自分も乱入する。


  • 第17話 復讐魔&被虐魔③

ミズタニの窒息プレイでダウンしていたイチノセがわずかながらも意識を取り戻してリビドークロスの仕掛けに気付き、セーフワードで止めようとカタギリのまとめサイトを調べたところ、セーフワードは「トンカツ」であると判明。窒息プレイによるダメージでダウンしていたイチノセは戦闘開始前から自滅状態だったサカクラを叩き起こしてセーフワードを叫ばせるとB級人妻達は正気に戻ったが、実はこれはSM逆転ワードであり、そのままドSモードに覚醒。性癖第二開放を発動させる。


  • 第18話 復讐魔&被虐魔④

性癖第二開放を発動させ弩S転換に進化。向かってきたシキジョウを連続パンチ「ポンポンクラッシュ」で瞬殺し「春の腹パン祭り開催だぜぇ!」と宣言しB級人妻達をあっという間に全滅させ、ツジサキの元に向かおうとしたヨシダの前に立ちはだかった。


  • 第19話 復讐魔&被虐魔⑤

B級人妻達を全滅させた後、サナモリを庇ったヨシダを一方的に圧倒する中、かつて勤めていた工場で現在の夫からのパワハラが原因で性癖が歪んでMに目覚めたが、彼が結婚と妊娠を機に改心してしまったために欲求不満な日々を送っていたその時、キリタニに婦人会へスカウトされ現在に至る、という経緯を明かす。しかしヨシダに「婦人会に利用されているだけの哀れな人妻」呼ばわりされたことで逆上し、止めを刺そうとするがそこにカンザキが乱入し阻止する。なお、カンザキは、ツジサキのスターダストリベンジャーに巻き込まれて重傷を負った夫に「自分のせいで暴力の悪魔になってしまった妻を止めてほしい」「普通の家族になりたい」と頼み込まれ傭兵として雇われた。

戦闘力はカンザキの方が上で追い詰められていくがドSモードとドMモードを瞬時に切り替えることで攻撃を無力化する。しかしカンザキの訪問戦闘術で制圧され、彼女の説得により自分が既に新しい命を授かっていることを理解し、子供を授かり夫と幸せな家庭を築く姿を思い浮かべながら戦意喪失し共振石を破壊され鎮圧された。


関連タグ

淫獄団地

今回の変態人妻怪人

バニシング排斥婦人会

ドMドS

俺女:ドSモードのみ

関連記事

親記事

バニシング排斥婦人会 ばにしんぐはいせきふじんかい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 138856

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました