ピクシブ百科事典

アンナ・テレシコワとはYAWARA!に登場する人物。旧ソビエト連邦のウラル地方出身の女性。
CV:水谷優子

概要

ウラルの寒村出身、角刈りをした大柄の女性で猪熊柔に特別な感情を抱く女性柔道家の一人。しかし、登場当初は感情を持たないキャラであり、猪熊柔の良きライバルとなったジョディ・ロックウェルに圧倒的な実力差をつけて勝利しただけでなく、彼女の膝を傷めつけてしまうヒールキャラとして登場した。

更にソウルで父親の行方を尋ねていた、柔の持っていた父親の写真を薙ぎ払ってしまったことで、二人の間に溝が生じる。そして準決勝ではまた執拗に古傷の左足を痛めつけ大怪我させる行為に出て、完全に猪熊柔を怒らせてしまう。更に、その決勝で今まで隠していた裏投げで彼女を脳震盪に陥らせてしまった(しかし、その際松田の呼びかけが瞼の父親の声と重なるようになるなど、柔の深層に松田が刷り込まれたため、間接的には松田と柔を引き合わせた一人となっている)。その後も復讐心に燃えた柔がなんとか一本勝ちを収めるが、その後も柔は彼女を呼び捨てする、松田が来なくて調子を落としたユーゴ大会でも、新聞記事や大善戦の末に富士子を破った際に睨みつけるなど、関係は決して修復しなかった。一方のテレシコワも猪熊柔に敗れてから、打倒に燃えるようになるとともに、感情的な性格へと変わっていく。

転機が訪れるのは柔が鶴亀トラベルに入社して2年後で、ソビエトが崩壊しロシアとなった際にチームは瓦解し、コーチ業として日本に雇われる見込みとなり、しかしそれだと五輪参加資格を失ってしまうため、それで柔に戦いを申し出ることになる。しかし、お互いに実戦での調整不足を露呈してしまい、滋悟郎の計らいによってお互い出直して五輪での再戦を約束することになった。

その後はCISとして五輪に参加し、そして無差別級準決勝で猪熊柔と激突、死闘の末、猪熊柔が勝利を収めると、彼女からありがとうの感謝の言葉を受け、和解するとともに、家族のために日本でコーチ業に専念すると柔道界引退を告げた。

アニメでは後半は早足の展開となり、そしてこのテレシコワの下りは全部カットされており、アニメSP版でもテレシコワとの準決勝戦は全部カットされてしまったため、原作でないと真の魅力が語られていないキャラである。また、家族思いの一面があり、母親をママと呼んだり、貧しい家族で育ったため、家庭のために日本で柔道部コーチを決意したり、滋悟郎に誘われた甘味処で片言で感想を述べたりといろいろと個性的な部分もピックアップされている。

しかし、アニメ版で声を演じた水谷優子も、生前は思い入れのあるキャラクターだったと答えていたことがある(彼女曰く怖いだけのキャラクターにしたくなかったとのこと)。

この記事のカテゴリ

YAWARA! 猪熊柔 ジョディ・ロックウェル 猪熊滋悟郎 クールビューティ ヒール

関連記事

親記事

YAWARA! やわら

兄弟記事

コメント