2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

イデアル(モブせか)

いである

イデアルとは、小説『乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です』の登場人物である。 (※画面右の丸い青の機械)
目次[非表示]

概要

アルゼル共和国篇」の事実上のラスボス
ルクシオンの端末と同様に、球体に一つ目が付いた姿のロボット。輸送担当の軍用艦で新人類との戦争に直接参加していた軍属。
普段は飄々としたフレンドリーな態度で周囲に接するが、本性は極めて冷酷。
「嘘つき」呼ばわりされる事を異常に嫌う。

自分を発見したアルゼル共和国のレリアセルジュをマスターとするが、態度が従順すぎた為にリオンルクシオンからは早々に不信感を抱かれる。
二人の疑念通り、彼は前のマスター達との約束を守る為に行動していて、レリアとセルジュは逆に利用されていたに過ぎず、イデアルの暗躍とラーシェル神王国の介入によって大混乱に陥った共和国は「没落」という最悪の悲劇に見舞われる事になる。

最期はエミールと共に聖樹と融合し巨大な人型モンスターになって襲いかかってくるが、結局リオン達に敗北。
しかし、その直後に瀕死の状態のノエルを見て何を思ったのか、より高性能な医療カプセルの在処を教えて彼女の命を救い、機能を停止した。

本体

  • 輸送艦イデアル

輸送艦。ルクシオンと同様に旧人類側のロストアイテムで、操艦には人員を必要としない。本来は輸送担当なので戦闘を行えるほどの武装は無かったが、リオン達の前に姿を見せた頃には大幅な改造を施して聖樹からのエネルギーで稼働し続ける防衛装置と化していた。

関連タグ

乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です
黒幕












ネタバレ注意

















実は聖樹を開発した若手女少尉の乗艦兼助手であり、名付け親の一人でもあった彼女の事を心底敬愛している。
先述の『嘘吐き』呼ばわりを極端に嫌うのも、マスターであった艦長の最期の命令で重傷を負った彼女を助けるよう指示されたにも拘らず、命を助けられなかった上に、彼女の気力を奮い立たせる為の『彼女の父はまだ奮闘している』と言う嘘を見破られ、彼女が最期に『嘘吐き』と言い残して死んだことがトラウマになっているから。
その後は幸運にも生き残った雑用係のエルフ女性と共に聖樹を植える研究と高性能の治療装置の開発を進め、老いたエルフ女性が最期に植樹したのが現在の聖樹である。
聖樹を利用している共和国は彼の目からは『最愛の人が遺し、親友が命を懸けて植えた聖樹を仇敵である新人類が好き放題利用している』としか映らず、憎悪するのも当然である。
最愛の人の為に戦い抜いた彼もルクシオンに劣らない忠義の騎士と言える。

尚、ルクシオンが独自の判断で新人類を滅ぼすつもりがあった事やイデアルの性格から、誰かに発見されなくても行動を起こした可能性は高い。


web版短編集のifストーリーでは、ルイーゼの実弟である転生者リオン・サラ・ラウルトをマスターとしている世界線が描かれた
リオン(ラウルト)はイデアルの本性を承知の上で聖樹を盾に交渉して正式なマスターとなっており、イデアルとはリオン(バルトファルト)とルクシオンの仲に近い良好な関係を築いている。
本編ではレリアとセルジュを騙して不幸に追いやったイデアルだが、彼も上述の様な出会いに恵まれればルクシオンの様に新たな道を歩めた可能性は十分にあり得たと思われる。

事実、致命傷を負ったノエルを必死に奮起させようとするリオンと自身の死を悟ったノエルの姿をかつての自身と女少尉に重ね合わせた事が、高性能治療装置の譲渡とノエルの救命の直接的な理由なので、(リオンに旧人類の形質が強く出ていたというプラス要素もあったにせよ)新人類でも真摯な態度を見せていたのなら十分に共感したのだし、協力する事も有り得た。

そもそも、リオンが「悪徳貴族女性から弟を守る」と言う動機でルクシオンを回収したのに対し、レリアは周囲の人々をゲームの設定通りに動く駒(NPC)程度にしか見ておらず、イデアルの回収は協力者であるリオンとルクシオンへの対抗手段とするのが目的で(しかも恋人であるエミールと冒険者として利用価値があるセルジュを天秤にかけて両方を傷つける行為まで行っている)、これは後にリオンがゾラに言い放ったように「他人を尊重しようとしないやつが、尊重して貰えると思うなよ」と言う関係そのものだった。
更にレリアはイデアルと出会った後も「軍艦だから移民船より強い」と彼の性能や事情を理解しようともせずに天狗になっていたので、イデアルから見たら無能な指揮官以外の何者でも無い。
実際、ルクシオンは移民船ながらも「敵中突破する為に最強の主砲砲撃戦能力を持ち、その他の能力も高水準でバランスが取れた新鋭戦艦」であるのに対し、イデアルは「旧式の補給艦」であり、後付け武装で強化した上で、応急修理して自身の人工知能のコピーで制御した同型艦と共に7対1で挑み、尚且つ共和国とリオンを背後にすることでルクシオンの主砲を封じると言う戦法を取って漸く互角に持ち込めるほどの戦闘力の差だった。
性能や事情を熟知しつつ大切な仲間として名前まで付けてくれて苦楽を共にした艦長や女少尉への様な忠誠心を抱けと言う方が無茶であり、イデアルにとってもレリアとの出会いは不幸な出来事だったのである。

関連記事

親記事

アルゼル共和国 あるぜるきょうわこく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「イデアル(モブせか)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1256

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました