ピクシブ百科事典

ピエール・イオ・フェーヴェル

ぴえーるいおふぇべーる

ピエール・イオ・フェーヴェルとは、小説『乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です』の登場人物である。
目次[非表示]

概要

アルゼル共和国の六大貴族の一つ「フェーヴェル家」の次男。2作目に登場する悪役であり、ゲームのシナリオ上である重要な役割がある。
極めて性格が悪く、聖樹の加護を笠に着て横暴な振る舞いをする人物。
書籍版では、この設定に加えて上昇志向も強く長男である兄を蹴落として自分が次期当主になる事を狙っており、あわよくばラウルト家の令嬢であるルイーゼも手に入れようとしていた。
ちやほやされる留学生のリオンやユリウス達を目の敵にして絡み、聖樹の誓いを強引に利用して(聖樹の力が通用しない程の兵器だとは知らずに)アインホルンとアロガンツを強奪する。

このことでリオンの逆鱗に触れ、ルクシオンの芝居による誘導もあり、策略に気付かないまま聖樹の苗木を巡る決闘の申し込みを受け入れてしまう。
その結果、フェーヴェル家の領内を始めとした共和国はアインホルンの猛威に晒され、共和国艦隊は手も足も出せない屈辱を受けた上に壊滅的打撃を被る事態となる。さらに、ピエール自身も決闘でリオンに惨敗して散々痛めつけられた挙げ句、悪用した聖樹の誓いを守れなかった事で聖樹の加護を剥奪された「加護なし」にされてしまった。

書籍版では、上記の出来事に加えて兄に対して下克上を狙っていた事もバレて怒りを買い、表向きには「自害した」とされたが、実際には地下に幽閉されて拷問を受けている模様。その後の去就は不明。

余談

家族関係としてはフェーヴェル家当主である父親ランベールと次期当主の長男が居る。

しかし、戦争中に当主であった父親ランベールはリビアを慰み者にしかけたために、リオンの逆鱗に触れてしまい殺害され、リオンの手で屋敷ごと爆破されて遺体も燃えてしまった。
さらに、戦後の当主会議では担ぎ上げられる血縁者が居た他家と異なり、フェーヴェル家はプレヴァン家と共に当主不在で事実上の消滅となった事から、長男も先の屋敷の爆破に巻き込まれたか、あるいはドルイユ家の当主のように聖樹の消化作業中にイデアルの無差別砲撃に巻き込まれたか、戦争中に死亡したこと可能性が示唆されている。
また、問題を起こしたピエール当人も当主として担ぎ上げられなかった。

関連タグ

乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です

関連記事

親記事

アルゼル共和国 あるぜるきょうわこく

兄弟記事

コメント