ピクシブ百科事典

エージェント・スミス

えーじぇんとすみす

マトリックスシリーズの登場人物。
目次[非表示]

電脳空間マトリックスのプログラムで、「エージェント」の1人。

エージェント

ピクペディアの「エージェント」のページはもう使用されているので、ここでマトリックスのエージェントについても説明する。

外見は全員、黒スーツ(実際は黒に近い深緑)&黒グラサン。標準武装として.50AE仕様のデザートイーグルを装備。
基本的に無口無表情。外見は人間だが、(ターミネーターハンター程ではないものの)とにかく機械的。

マトリックスに侵入してくるザイオンの人間、削除命令に従わなかったプログラム「エグザイル」などを排除することが仕事。
パソコンで言うとウイルスバスターなどがエージェントにあたる。

プラグに繋がれてマトリックスの支配下で生きる人間達に乗り移って行動する。他人のアカウントを勝手に利用してログインするようなもの、と言えばわかりやすいだろうか。

拳でコンクリートを砕き、大口径のデザートイーグルを片手撃ちで正確に射撃し、銃弾を目測で避けるなど超人的な能力を発揮するが、彼らなりの限界値が定められているらしく、接射等はさすがに避けきれない事もある。ただしその場合も破壊されるのはエージェントとしてのプログラムではなく、乗り移られた人間の肉体のみである。
また、人間に乗り移る能力についても同時に乗り移れるのは一人までであり、同一のエージェントがマトリックス内に複数同時に存在する事はない(全員が同じ服装なので解りにくいが)。

スミス

ようやくスミス自身の説明。

第1作ではエージェントのリーダー的存在として登場。

他のエージェントたちと違いマトリックスやそこに住む人間達を明確に嫌悪し、そこでの仕事からの解放を求めるなど人間くさい部分がある。そのためよく喋るし表情もよく変わる。もしかすると主人公のネオよりも台詞が多いのではないだろうか…。

ラストシーンでプログラムを破壊されて消滅したかに見えたが、第2作以降では削除命令を拒否してマトリックスに戻ったエグザイルとして登場。
某ダンス・ボーカルユニットとは全くもって関係ない、はず。というか歌って踊れるスミスってちょっと見てみたいんだが私だけだろうか。

エグザイルになったスミスは本人曰くネオが持っている「救世主のコード」の一部が上書きされたとのことで、「マトリックスに定められた法則を無視して動ける」という救世主の性質がコピーされたのか、「同時に乗り移れるのは1人まで」という制約を破り他のデータに自分のデータを上書きしまくる増殖能力を手に入れた。
そのため、プラグに繋がれた人間だけでなく他のプログラムやマトリックスの支配から逃れてザイオン側に渡った人間までも取り込んで、どこぞの配管工無限増殖よろしく増える増える増えまくる。
格闘能力についてもエージェントに定められた限界値を無視できるようになったらしく、以前の自分よりもアップデートされた新しいバージョンのエージェントさえもあっさりと取り押さえて自分のデータを上書きする場面もある。
反面、数に頼った戦い方を覚えたためか、時代劇斬られ役よろしくネオ一人に蹴散らされるなど、ザコっぽさも幾分増してしまった。

しかしエージェントじゃなくなってもキャストクレジットに表示される名前は「Agent Smith」。

ネオを「アンダーソン君」と呼ぶほぼ唯一の人物。
(第1作でアンダーソン君の上司ラインハートもこう呼んでいる。が。まあ金曜ロードショーで出番を丸ごとカットされた程の脇役なのでカウントしなくてもいいよね!)
「ネオ」という名前は知っているはずなのに何故か絶対「アンダーソン君」。
第1作で本人に「俺の名はネオだ」と訂正されているものの、それでもしつこく「アンダーソン君」。
しつこ過ぎやしませんかスミスさん。

俳優はヒューゴ・ウィーヴィング
吹き替えの声優は中多和宏、または大塚芳忠

他のエージェント

何人かいる。が、少なくとも映画では名前が1回も呼ばれていない。
映画ではスミスの他に、ジョーンズ、ブラウン、ジョンソン、トンプソン、ジャクソンが登場。
キャストクレジットには「Agent Jones」「Agent Brown」など名前が出ているが、ぶっちゃけスミス以外は本編で名前が登場しないんだから覚える必要もなく、「エージェント」だと分かりさえすれば、ほとんど、と言うかむしろ、全く問題なかったりする。

関連タグ

マトリックス ハンター(逃走中) サングラス

pixivに投稿された作品 pixivで「エージェント・スミス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45414

コメント