ピクシブ百科事典

オキクルミ

おきくるみ

オキクルミはアイヌ語の言葉、およびそれを基にした人名である。
目次[非表示]

この記事は本編、作品のネタバレを含みます。

概要

オキクルミ」とはアイヌ語で「輝く皮衣を着る者」という意味であり、アイヌ神話に登場する英雄アイヌラックルの別名。

「大神」のオキクルミ

大神』に登場するオイナ族の戦士。

カムイのウエペケレに住む青年。
双魔神復活によるカムイ存続の危機に際し、宝剣「クトネシリカ」を持ち出し村の外で妖怪を狩り続けている。
これはカムイに伝わる予言
「クトネシリカが青鈍色に輝く時 氷壁は砕かれ天への道は拓かれん」

「青鈍色に輝くクトネシリカをもってすれば双魔神(=氷壁)を打ち破ることができる」
と解釈し、クトネシリカを輝かせるには、妖怪をクトネシリカで切り殺していく必要があると考えたためである。
・・・と本人が何度も言うが、それ以上に、自分がクトネシリカを振るうことで双魔神や周辺の妖怪を村から引き離すことができる、と考えているらしいことがカイポクによって語られる。

クトネシリカを輝かせるため、ヤマタノオロチに切りかかったりと独善的な行動を繰り返す。
だが、自分をかばってモシレチクの攻撃を受け倒れた白野威を見て改心、アマテラスと共に双魔神打倒に立ち向かうことを決意する。
真の英雄となった彼に応え青鈍色に輝いたクトネシリカを携え、イリワク神殿頂上にてついに双魔神をアマテラスと共に打ち倒すことに成功する。

どうやら、アマテラスの正体にも薄々気付いていたらしい。

関連イラスト

オキクルミ
雪


関連タグ

大神 オイナ族 カイポク サマイクル

pixivに投稿された作品 pixivで「オキクルミ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1082277

コメント