ピクシブ百科事典

オリクトドロメウス

おりくとどろめうす

中生代白亜紀中期のアメリカに棲息していた小型の植物食恐竜。
目次[非表示]

名称

学名:Oryctodromeus
中国名:掘奔龍
属名は「穴を掘るランナー」から来ている。

概要

全長2m、体重32kgほどの小型のヒプシロフォドン類である。
長さ2m、幅70cmほど2度カーブする巣穴から成体と2体の幼体が化石が発見されている。穴の幅とオリクトドロメウスの体幅がほぼ一致することからこの恐竜が物と地面を掘った物と見られ、肩甲骨には筋肉が付着するための発達した突起があり、穴を掘るための力強い前肢を備えていたことが伺える。恐らく家族単位で巣の中で過ごし子育てをしていたのではないかと言われている。

関連タグ

恐竜 鳥脚類 ヒプシロフォドン

関連記事

親記事

ヒプシロフォドン科 ひぷしろふぉどんか

兄弟記事

コメント