ピクシブ百科事典

カマキリ星人

かまきりせいじん

カマキリ星人とは、とっても!ラッキーマンが最初に対決した宇宙人の名称である。なお、ここでは最終回に登場したタランチュラ星人についても解説する。
目次[非表示]

CV/二又一成

概要

第1話に登場したキッタロカ星(アニメではカマキリ星)よりやってきた宇宙人

地球侵略して人類を自分の食料にしてしまおうと目論み、地球へと向かっていた所を元祖ラッキーマンUFOを迎撃されてしまい日本へと不時着。その際に洋一が下敷きになって命を落としてしまい、これがきっかけとなり洋一はラッキーマンとして活動するきっけになった。

両腕がとなっており、これを使ってラッキーマンを狙うが、ラッキーで避けられ続けている内に自分の右腕を切りおとしてしまい、それをラッキーマンに拾われて逆に投げ付けられる。本人はこれを難なくかわすが、形状がブーメランと同じだったため、暫くして後ろから戻って来たこれが直撃し、そのまま首を切りおとされ絶命した(なおアニメでは放送コードの問題からか、鎌が頭に刺さって爆死するという表現に変更されていた)。

ちなみに読み切りではスッタロカ星人が彼の役割を担っている。

タランチュラ星人

とってもラッキーマン最終回に登場する“クモは悪い害虫を食べるからいい奴なのよねーって考え方もあるのよね星“というとてつもなく長い星からやって来た宇宙人。
カマキリ星人同様地球人類を自身の食料にしようと目論む。

実質上、物語のラスボスだが、仮面ライダーWエナジー・ドーパント仮面ライダー鎧武仮面ライダー邪武と同じ様なポジョンの敵であり、大した活躍もしないまま最後はラッキーマンの登場で奮闘した奇麗田見代の一撃を受けあっという間にフィードアウトしてしまった。

関連項目

とっても!ラッキーマン

コメント