ピクシブ百科事典

キタキタ踊り

きたきたおどり

衛藤ヒロユキ著の漫画『魔法陣グルグル』『魔法陣グルグル2』及び『舞勇伝キタキタ』内に登場した架空の踊り。 劇中でキタキタおやじがひたすら踊ることで有名。 踊る際には必ず「ピ~ヒャラ~」といった効果音が流れる。
目次[非表示]

本来のキタキタ踊り

「キタの町」と呼ばれる町に伝わる踊り。神に捧げる聖なる踊りとして大切にされてきた。
踊り手は若い女性であり、冠、ビキニ、腰みのだけのきわどい格好で踊る。

はっぴ~ば~すで~
キタキタ!



アドバーグがキタキタ踊りを踊るようになった経緯

これに目を付けた当時の町長であるアドバーグ・エルドルにより、見世物として観光客に見せることが提案される。
これを実行したところ大成功し、寂れていたキタの町は一時賑わいを取り戻すこととなった。
しかし本来神に捧げるべき神聖な踊りであるはずの踊りを見世物にし、神の怒りにふれたためか、
本来の踊り手になるべきはずの女子が生まれなくなってしまい、キタキタ踊りは後継者がいなくなるという危機に陥る。
このことを重く見たアドバーグは、自らが踊り手となりキタキタ踊りを絶やさぬことに成功する。

アドバーグが後継者になった結果がこれだよ!

だが、その姿は非常に異様で変態的でもあり、これらのことからアドバーグは町長の座から追われることとなる。

璃々と恐怖のキタキタおやじ


この様に、現在の踊り手であるアドバーグ・エルドルことキタキタおやじのせいで変態の踊りとされてしまった。

しかしそのキタキタ踊りは神に捧げられていた聖なる踊りであるということは嘘ではなく、
その腰の動きは魔神ベームベームを呼び出す魔法陣を模していたことが判明し、勇者一行の危機を救っている。
また劇中でのおやじの暗躍により、後の歴史では魔王ギリの封印に一役買ったことにされている。

続編の舞勇伝キタキタでは、「キタキタ踊りにキリのいいところなどありませんぞ!」ということも判明している。
最近ではアドバーグと共に旅をしているチキルータ王女も彼に付き合ってキタキタ踊りを踊る事もある。

推測

これはあくまで想像だが、じつはキタキタ踊りを考案したのはミグミグ族の可能性が高い。ミグミグ族は神の踊り子と呼ばれるほどに、魔法陣を踊りながら描く事からベームベームを踊りに隠したかもしれない。

pixivでのキタキタ踊り

個性的なポーズの踊りであるためか、自分の好きなキャラクターに踊らせた姿を描く人がちらほら見られる。

関連イラスト

デンプシーロールおやじ
日食記念…?


罰ゲーム
キタキタプリンセス



関連動画



関連タグ

魔法陣グルグル 舞勇伝キタキタ キタキタおやじ / アドバーグ・エルドル
ふしぎなおどり えっちな踊り 光魔法かっこいいポーズ
ルータ王女 チキ

pixivに投稿された作品 pixivで「キタキタ踊り」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 169188

コメント