ピクシブ百科事典

クロムウェル

くろむうぇる

第二次大戦中、イギリス軍で使用された戦車。その名称は、17世紀の共和制を敷いたオリバー・クロムウェルにちなむ。
  1. イギリス軍戦車。本稿で解説。
  2. オリバー・クロムウェル。17世紀、イギリス王室を倒し、共和制を敷いた将軍。自らを「護民官」と称した。


解説

カヴェナンター」から続く巡航戦車のひとつ。
それまではエンジンの信頼性に悩まされていたが、このクロムウェルになってようやく信頼性に足るロールス・ロイス製ミーティアエンジンが搭載されるようになった。
このエンジンにより、「第二次世界大戦中最速の戦車」と言われるほどの快速ぶりを誇った。
当初は6ポンド砲を装備していたが、Mk.IVからは75mm砲が装備されるようになった。

フランスに進攻するまでイギリス戦車の中で最も重要な戦車であった。

ノルマンディー上陸作戦後のヴィレル・ボカージュの戦いにおいて、ドイツ戦車エースのミハエル・ヴィットマンが指揮するティーガーI1両に、クロムウェル一個大隊の15両が全滅させられたエピソードは有名である。

関連タグ

戦車 イギリス ティーガーI

関連記事

親記事

巡航戦車 じゅんこうせんしゃ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「クロムウェル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 82185

コメント