ピクシブ百科事典

グシオスβⅢ

ぐしおすべーたすりー

「マジンガーZ」に登場した、妖機械獣の一体。
目次[非表示]

概要

第69話「空中溶解!ホバーパイルダー」に登場した、妖機械獣
ゴーゴン大公があしゅらに貸し与えた妖機械獣で、口から腐食光線、眼から破壊光線を放つ。
また、水中のみならず、空中も泳ぐようにして移動が可能。尻尾での打撃と、尻尾からの放電も強力である。
腐食光線により、ホバーパイルダーを破壊。ジェットパイルダーが登場するまでの間、マジンガーZを行動不能にさせる事に成功した。

劇中の活躍

ゴーゴン大公からあしゅら男爵は、グシオスβⅢを貸し与えられ、光子力研究所へと出撃させる。
グシオスはマジンガーZと対決、しかし初戦はあしゅらの命令に乗り気でないために退散した。
やがて、光子力研究所のバリヤーの圏内に出現。汚水処理場を襲われ、甲児はパイルダーオンができない状態に。
ホバーパイルダーのまま対戦する甲児だが、力の差は歴然。しかし弓教授の「マジンガーZを地下で移動させ、地面から出してパイルダーオンさせる」という作戦により、再びパイルダーオン。
スクランダーでグシオスと空中戦を繰り広げるマジンガーZだが、地上でボスボロットと鉢合わせしたグシオスは、そのまま捕らえて人質に。
グシオスを発見し攻撃するマジンガーZだが、後頭部に腐食光線を浴びてパイルダーを熔解させ、攻撃回路の一部を故障させてしまう。
ドリルミサイルとアイアンカッター、そして光子力ビームにより、グシオスをかろうじて破壊するマジンガーZ。しかしホバーパイルダーは修復不能なほどに熔解して破壊されたため、新たなパイルダーを作り出す必要があった。
甲児は長くともに戦ってきた、ホバーパイルダーに別れを告げるのだった。

OVA「マジンカイザー」6話にも、多くの妖機械獣とともに登場。
地中から出現してマジンカイザーと戦った。

原案デザイン

石川賢が原案デザインを手がけた。
原案では、両腕の二の腕部分が太かったが、決定稿では反対に下腕部の方が太くされ、より安定感が増したデザインになった。

関連記事

親記事

妖機械獣 ようきかいじゅう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「グシオスβⅢ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13

コメント