ピクシブ百科事典

グレートモンド

ぐれーともんど

スクウェア/スクウェア・エニックスのコンピュータRPG『サガフロンティア』の登場人物。メインイラストでは左下の機械。
目次[非表示]

概要

リュート編のラスボス。元々は反トリニティだったはずの人物モンドによって作られた、トリニティ乗っ取りを目的とされた巨大搭乗メカ。

世界単位の政府であるトリニティ相手に1人でクーデターを試みようとしているだけあり、多機能かつ強力で頑丈。開始直後から挑戦できるとあって、最初のイベントだと勘違いしてこれに挑んで蹂躙されたプレイヤーは後を絶たないとか。

余談だが、T260G編で「人の乗るメカは禁止となった」というセリフを聞けるが、これは搭乗メカが普及するとその弱点も露呈してグレートモンド運用に不利となるため、モンドにとって都合が悪かったためである。

「サガフロンティア裏解体新書」所収の「ヒューズのクレイジー捜査日誌」(作:ベニ―松山)ではラスボスとして登場。
乗り込んできたヒューズ一行を追い詰めるが、それまでに登場した多くのキャラクターが助太刀に参戦。フルボッコにされ、何度も装甲をパージしながら戦うも追い詰められる。
挙句ヒューズからは「らっきょみたいなメカこさえやがって」と言われる始末で、最後はコックピットの窓に当たるバイザーを破壊された所にミサイル発射の高熱が流れ込み、モンドは死亡。機能を停止した。

形態

あらゆる戦闘を想定したのか、数々の遠近問わず多種多様の兵器を搭載している。

  • 驚天
    • ミサイル・バルカン・火炎など遠距離攻撃を中心とした攻撃形態。最初の形態だけに、小手調べ的な意味合いも強い。
    • リマスター版での最強状態では行動回数が増えるが、まだこれでも小手調べ。
  • 動地
    • やや装甲が剝がれたため、余分なパーツをそぎ落とした形態。やや近接攻撃を中心とした攻撃が増える。
    • リマスター版での最強状態では即死攻撃が追加。
  • 威力
    • 大きくパーツを落とし、軽装となり身軽になった形態。近接攻撃が大きく強化され、防御面も盾を搭載し、大口径のバズーカなども発射する「本気の始まり」である。
    • リマスター版での最強状態では、増えた行動回数を活用して遠距離攻撃と近接攻撃のコンボを多数仕掛ける。
  • 超神
    • 威力形態に主力兵器を追加した形態。必殺のバスターランチャーは極めて強力。ミサイル妨害をするECMを無力化する「カウンターECM」を展開した上で、大量のミサイルを一斉射撃する「全弾発射」が得意。
    • リマスター版での最強状態では2ターンに1回という高頻度でバスターランチャーを発射する。
    • 操縦席を中心としたわずかな最低限のパーツのみを残した形態。バスターランチャーの頻度が上がり、その他も大型兵器が中心。
    • リマスター版での最強状態でもバスターランチャーの頻度が上がるのだが、それはすなわち毎ターン発射してくることを意味する。

関連

サガフロンティア モンド

関連記事

親記事

サガフロンティア さがふろんてぃあ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「グレートモンド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4380

コメント