2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

グーグル先生解りません!

先生 「とりあえずggr!

一応の概説

インターネットサーチエンジンGoogleへ愛称。
その見やすく使いやすい機能性により、「分からないことがあればとりあえずGoogleで検索すればOK」という知恵袋的な扱いから、敬意と皮肉を込めてこう呼ばれる。

なぜ皮肉が付いて回るかといえば、ネットの海の規模と煩雑さばかりはGoogleにも対処に困るもので、狙った検索結果が上手く検出されなかったり、まったく当ての外れた検索結果を出したりと、ユーザーの欲しい答えを出せずにもやもやさせるため。

Google翻訳でのアグレッシブな直訳に定評があるのも一因。

以上のように、「聞かれればしどろもどろだろうと律儀に答える」検索エンジンの性質は、子供にモノを聞かれて四苦八苦する学校の先生に重ねられることが一番の理由と思われる。

先生と呼ばれだした頃、つまり2000年代には悪意なく先生と呼べるぐらい精度が高かった。というのはグーグルのアルゴリズムもあるが、マニアが書いている個人サイトや、公式サイトが多かったからである。
ところが2000年代後半あたりからSEO対策の技術が発達し、トップにはまとめブログが鎮座するように。さらに2010年代になると個人サイトがどんどん消えていく中、「いかがでしたか」系とも呼ばれる低品質サイト、トレンドネタ追っかけのニュースサイトなどに独占されるようになってしまった。
また、トランプ大統領フェイクニュース騒動、BLM騒動などのたびにアルゴリズムに政治的調整を加えているの批判もある。

とはいえ、日本語圏においてGoogleに対抗できる検索エンジンは乏しい。今日も今日とて、Google先生の無茶ぶりへの奮闘は続く……。

関連タグ

Google サーチエンジン サジェスト汚染
擬人化

関連記事

親記事

google ぐーぐる

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「グーグル先生」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 239007

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました