ピクシブ百科事典

概要

更新世のアフリカ東部に棲息していたカバの仲間。ゴルゴプスとは「ゴーゴンの眼」という意味である。現世のカバよりも大型で、頭胴長が5mとゾウとほぼ同じの大きさであった。水中への適応能力は高く、顎をより大きく開けたと推定される。

絶滅の原因は不明だが、同時期に棲息した他の大型動物と同様、大規模な気候変動や人類の乱獲、近縁種との生存競争に敗れたために絶滅したと考えられている。

関連タグ

哺乳類 古生物
カバ カバ科

関連記事

親記事

カバ科 かばか

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴルゴプスカバ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6143

コメント