2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:鈴置洋孝(X6、X7)、岩鶴恒義(X8)

概要

イレギュラーハンターの新たな総司令官。ロックマンX5より登場。
前作レプリフォース大戦の責任を取り辞職した前総司令官に変わって登場した。
戦闘能力は高くないが、高度なCPUを搭載しており指揮能力に優れている。

イレギュラーハンターの司令部の描写はX4までほとんど描かれておらず、シグナスの登場は非常に唐突。これは登場前のX4の舞台となったレプリフォース大戦が、スカイラグーン墜落事件時のカーネルの動向を理由にレプリフォース全体を早期にイレギュラー認定した事から発生したとして前司令官が責任を問われ失脚し、若手のシグナスが新たな司令官として白羽の矢が立ったという設定によって補足されている。
ちなみに唯一司令部の人物として描かれていたケイン博士はシグナスと入れ替わるように一切登場しなくなった(なお、X4ではケイン博士とシグナスのどちらも登場していない)。

各作品での言動

「はっしゃ!!!」
「あとは頼んだぞ・・・ゼロ。何もできなくて、すまん」

エイリア等の新キャラ組の一人として(突然)登場。
コロニー落下を阻止するため、「エニグマ作戦」「シャトル作戦」のためのパーツ収集をエックスゼロに指示する。
エニグマ発射時、何故か3カメも彼の「はっしゃ!!」が(X5なのでボイス無しで)流れる。「発射」では、だって?大人の事情だ、たぶん。
基本的には指示を飛ばすだけ。ちなみにエンディングには覚醒ゼロのエンディングのみ出る。

「人間とレプリロイドが 平和に暮らせる世界を!」

ボイスが付いた。めっちゃ渋い。

諸事情でゼロ不在の中ナイトメア事件の解決に焦るエックスを、エイリアと共に時に静止し時に支える。
前作よりも総監らしい的確な指令を下すようになった。
エンディングでは彼にしては珍しい微笑みを見せてくれる。

「エックス、そんなに考え込むな。こうなった以上戦う以外道はない」

エイリアはもちろんだが、今回は隣に前線を抜けてしまったエックスもいる。
レッドアラートとの戦いに嘆くエックスに諭すようなセリフが多い。作中、直接的に指示はあまり出していない。

エックスでのエンディング、その最後のセリフは聴く価値あり。


「よくやった!史上最強のイレギュラーハンターとはお前たちのことだ!!」

……とリザルト画面でベタ褒めするおっさん……もとい上司になった。
ちなみに劇中のストーリーには何故か全く関わらない。


といったように、劇中でも正直微妙な立ち位置・言動ではあるものの、イレギュラーハンターの組織が描かれたという点では、彼は欠かせない存在であることは確かである。もう少し早く登場していれば、もっと掘り下げがあったかもしれないが……
ちなみに本来警察機関において総司令官の役職はない。総監はこれにあたる。

小話

シグナスのデザインを担当した末次氏は、『単純に偉そうな感じにしたい』というテーマから装飾がたくさん付いている軍服をイメージしてデザインを起こしたとのこと。
だが、シグナスが椅子に座るシーンが出てきたため少々困ったそうな

X6~X7では鈴置洋孝氏が演じ、X8では岩鶴氏が演じている。

関連タグ

ロックマンX イレギュラーハンター
エイリアダグラス…参戦時からの同期。ダグラスは7から出てきていないが……。

関連記事

親記事

ロックマンXシリーズのキャラクター一覧 ろっくまんえっくすしりーずのきゃらくたーいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「シグナス(ロックマンX)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「シグナス(ロックマンX)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4405

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました