ピクシブ百科事典

シグマDX9

しぐまでぃーえっくすないん

産業廃棄物
目次[非表示]

メディアミックス作品「ダンボール戦機」に登場するコアパーツのひとつで、北島小次郎がアングラビシダスに挑む主人公・山野バンの為に用意した産業廃棄物である。
早速装着するんだ!

アニメでの扱い

アングラビシダス前に、キタジマ模型店の店長である北島小次郎より手渡される。
アニメ本編中にバンのLBXに早速装備された。
これでアキレスは無敵だ!

ゲームでの扱い

アニメと同じ時期に北島より渡され、コアパーツのひとつに加わる。
セオリー通りにバンのLBXに装備してもよいが、特に制約はないので、
他のキャラクターのLBXに組み込んでも、そもそも組み込まなくてもよい。
装備しなくてもその直後の対戦はシグマDX9のおかげで勝ったことにされる。
シグマDX9の性能のおかげだな!

性能

移動BP消費が180、チャンスゲージ出力が40と入手時点では最高出力のモーターだが、
同時にスロットを10マスも使う、非常に大きなモーター。
コアパーツをセットするコアボックスはレベルによってSからM、Lに拡張されるが、
SはおろかMサイズですら入れるのに苦労する。
さらにバンにはこの時点では大型のコアメモリが搭載されており、
(別に他のコアメモリに変えられるが、設定と心情上)他のメモリに換えにくく、それがより搭載を難しくさせる。
乗らないなら他のパーツを取っ払って乗せるんだ!

問題点

出力40は入手時点では確かに大きいのだが、消費BPもぶっちぎって高い。
この時点で入手できるモーターは、4スロットと5スロットのみ。ここに急に9スロットのモーターだからさぞ強力なのだろう。しかしここに罠がある。
出力は足し算なので、普通に計算すれば低出力のモーターでも二つ載せたほうが出力が高く、
さらにスロットが1マス浮く。(ちなみに消費はパーセントの掛け算)。
つまり店売り最安価のモーター二つで出力22+24=46、消費110%×110%=121%で9スロット。
完全に負けている。
モーターは最大3種類(同種のパーツは乗せられない)なので、そのぶんの枠が空くという利点もあるかもしれないが、ボックスが狭い状態じゃそんなに利点にはならない。

物語が進み、ボックスが広くなり、パーツの選択肢が増え、パーツの装備数限界が見えてくると更に問題点が浮上する。

  • 消費あたりの出力の係数がかなり低い
  • スロットあたりの出力もかなり低い
  • パーツが持つ状態異常耐性も最低
  • そもそも出力40が、さほど大きくない
  • クリア後に同じ形で、2位に10もの差を付ける全モーター中最大出力の70、最大係数を持つイプシロンEX99が販売される(見た目は全く同じ。こちらはパワー重視なら即採用のぶっちぎり最強のモーター)
他にも出力係数が悪いモーターはあるが、耐性が優秀だったり小型だったり利点が存在する。
だがシグマDX9に関しては利点として挙げる物が無い。

ちなみにバンの初期装備のハニカムB600はその真逆の高性能モーターだったりする。

しかしそんなのは理論の話だ!シグマDX9ならその程度なんとかなる!

結論

即装備するべきだ!

姉妹品

Wフェザー24Rも、似たレベルで産業廃棄物である。

  • 店売り最安値のモーター(出力22)よりも更に出力が低い出力20
  • 耐性もシグマDX9とあまり変わらず悪い
  • そのくせスロットは8も使う
  • 絶妙に使いにくい凹型
  • それなのに異様なまでの値段の高さ
唯一の利点はBT消費が100%と言う事位か。
クリア後に買えるようになるが、数字がへっぽこすぎる性能なので被害は少ないと思われる。
だからシグマDX9を装備しよう!



実は

ゲーム中で入手できるのはこのイベントの一個のみ。クリアしても店頭に並ぶ事は無い。
いらないが。
劇レアパーツだぞ!即装備だ!

pixivに投稿された作品 pixivで「シグマDX9」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10787

コメント