ピクシブ百科事典

シグマDX9

さんぎょうはいきぶつ

シグマDX9とは、タイニーオービット社の闇である。
目次[非表示]

概要

レベルファイブのメディアミックス作品『ダンボール戦機』に登場するコアパーツのひとつであり、キタジマ模型店の店長である北島小次郎がアングラビシダスに挑む山野バンの為に用意した、タイニーオービット社製の最新の産業廃棄物である。

早速装着するんだ!

アニメでの扱い

アングラビシダス前に、キタジマ店長からバンに手渡される。
そして、本編の中でバンアキレスに早速装備された。

これでアキレスは無敵だ!

ゲームでの扱い

アニメと同じ時期にキタジマ店長より渡され、コアパーツのひとつに加わる。
セオリー通りバンLBXに装備しても良いが、特に制約は無いので、他のキャラクターのLBXに組み込んでも、そもそも組み込まなくても良い
装備しなくても、その直後の対戦ではシグマDX9のおかげで勝ったことにされるまるで意味が分からんぞ!

シグマDX9の性能のおかげだな!

ゲームでの性能

移動BP消費が180、チャンスゲージ出力が40と入手時点では最高出力だが、同時にスロットを10マスも使う非常に大きなモーター
コアパーツをセットするコアボックスはレベルによってSからM、Lに拡張されるが、SサイズはおろかMサイズですら入れるのに苦労する

さらにバンLBXにはこの時点で既に大型のコアメモリが搭載されており、別に他のコアメモリに変える事も出来るが、設定(と心情)上他のメモリに換えづらく、それがより搭載を難しくさせる。

乗らないなら他のパーツを取っ払って乗せるんだ!

問題点

出力40は入手時点では確かに大きいが、消費BPもぶっちぎりに高い。
しかし、この時点で入手できるモーターは、基本的に4スロットと5スロットのみ。ここに急に9スロットのモーターとなればさぞ強力なのだろう。しかしここに罠がある

出力は足し算なので、普通に計算すれば低出力のモーターを2つ載せたほうが出力が高く、さらにはスロットも1マス浮く(ちなみに消費はパーセントの掛け算)。
つまり、店売り最安価のモーター2つで出力22+24=46、消費110%×110%=121%で9スロット。
………見て分かる通り完全に負けている

モーターは最大3種類(同種のパーツは乗せられない)なので、その分の枠が空くという利点もあるかもしれないが、ボックスが狭い状態では大した利点にはならない。

物語が進み、ボックスが広くなってパーツの選択肢が増え、パーツの装備数限界が見えてくると更なる問題点が浮上する。

  • 消費あたりの出力の係数がかなり低い
  • スロットあたりの出力もかなり低い
  • パーツが持つ状態異常耐性も最低
  • そもそも出力40がさほど大きくない

さらに、エンディング後には、シグマDX9と全く同じ形だが、2位に10もの差を付ける出力70を誇り、さらには最大係数まで持つ超高性能モーター「イプシロンEX99」が販売される。
他にも出力係数が悪いモーターは複数あるものの、耐性が優秀だったり小型だったりと、何かしら利点が存在している。
しかし、シグマDX9に関しては利点として挙げる物がひとつも無い

ちなみに、バンの初期装備である「ハニカムB600」は、その真逆とも言える高性能モーターだったりする。シグマDX9の存在意義とは一体………。

しかしそんなのは理論の話だ!シグマDX9ならその程度なんとかなる!

結論

即装備するべきだ!

姉妹品

ゲーム版にのみ登場する「Wフェザー24R」も、シグマDX9と同レベルの産廃である。
その理由としてはご覧の通り。

  • 出力が20と店売り最安値のモーター以下
  • 耐性もシグマDX9とあまり変わらない(要するに弱い)
  • そのくせスロットは8も使う
  • 絶妙に使いにくい凹型
  • そのくせ値段が異様に高い

唯一の利点はBT消費が100%と言う事位か。
エンディング後に買えるようになるが、数字があまりにもへっぽこすぎるので被害は少ないかと思われる。

だからシグマDX9を装備しよう!

意外な事実

ゲーム中で入手できるのは、実は上記のイベントで手に入る1個のみ。エンディングを迎えても、ランキングバトル・裏ランキングバトルを完全制覇したとしても、決して店頭に並ぶ事は無い。
………まぁいらないが。

劇レアパーツだぞ!即装備だ!

関連タグ

ダンボール戦機 LBX 山野バン アキレス モーター ゴミ 産廃 なぁにこれぇ ご覧の有様だよ

関連記事

親記事

ダンボール戦機 だんぼーるせんき

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シグマDX9」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16913

コメント