ピクシブ百科事典

概要

日本神話に登場する女神の一柱。
漢字では下照姫と表され、『古事記』では高比売命(たかひめのみこと)、下光比売命・下照比売命(したてるひめのみこと)、『日本書紀』では下照姫(したてるひめ、したでるひめ)、高姫(たかひめ)、稚国玉(わかくにたま)、『先代旧事本紀』地神本紀では下照姫命の名で記述される。

国津神の一柱であり、葦原中国(あしはらなかつくに)を平定する為に高天原からに遣わされアメノカワヒコと結ばれて彼の妻となったとされる。

なお、『日本書紀』では夷振を詠んだ者の名としてしか登場しておらず、こちらの記述によればオオクニヌシタキリヒメとの間に生まれたアジスキタカヒコネの妹といわれている。

関連項目

日本神話 女神

関連記事

親記事

日本神話 にほんしんわ

兄弟記事

コメント