ピクシブ百科事典

概要

BASTARD!!-暗黒の破壊神-』の登場人物。
作中では主に『シーラ』『シーラ姫』と呼ばれる。

メタ=リカーナ王国の王女であり、竜王子ラーズの妹に当たる。
父親である国王は過去の負傷が原因で臥せりがちであり、シーラ姫がその代理を担っている。

ガラにヨーコがさらわれた際には、ヨーコに代わってダーク・シュナイダーの封印を解いた(処女の接吻)。
ガラ戦ではD・Sに同行し、ヨーコの救出を助けた。この際に、敵の罠にうっかり手を出してしまい、D・Sに毒が仕込まれてしまうが、姫自らが口を使ってD・Sの体内から毒を吸い出している。いつも通りのD・Sの悪ノリであったが、キスから始まった一連の出来事を通して、異性として意識するようになる。

その後、シーン・ハリカイ・ハーンが展開の都合で一時退場、アーシェス・ネイの合流が遅かったこともあり、しばらく作品における第二のヒロイン的存在となっていた。
ネイとの決戦の直前には、無茶な出撃を止めるようにD・Sを説得しに行ったにもかかわらず全く相手にされなかった上に(からかい半分に)肉体関係を迫られるも、「私をお望みなら差し上げますから、戦いに行かないで」と訴えるなど本気の好意を見せて、陰で見ていたヨーコを動揺させていた。

その後、物語の舞台がメタ=リカーナ王国から移動してしまった「地獄の鎮魂歌編」では出番がぐっと減ってしまい、その身に宿しているアンスラサクス最後の封印の影響から、ほとんど寝たきりの状態が続いていた。
アンスラサクスの封印が解けたことで、肉体が裂け、一度は絶命したが、その後復活。
「背徳の掟編 最終節」では「汎人類連合」の代表として姿を見せた。

作者自ら手がけた成人向け同人誌においては、ガラ戦での解毒から肉体関係に発展。さらにはカイ・ハーンを交えた解毒治療という名の乱交は69回にも及んでいた。
パッと見やり過ぎの二次創作にも見えるが、上述の通り本編でも結構際どいごとを言っているので実はそこまでやり過ぎではなかったりする。

関連イラスト

赤い嵐の女王30th

関連記事

親記事

BASTARD!! ばすたーど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シーラ・トェル・メタ=リカーナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2736

コメント