ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:津田健次郎

概要

BORUTO-NARUTO NEXT GENERATIONS-』において敵として登場する組織「」のリーダーで、モンクのような容姿をした辮髪の男。
顎にはボルトカワキの掌にも刻まれている「楔(カーマ)」を持つ。

かつて父親に虐待されていたカワキを大金と引き換えに養子として引き取り、自身を彼の“父親”と称しているが、彼に対しては改造手術を施したり、楔を刻むための人体実験に利用するなど、自分の目的を遂げるための“道具”としか見ておらず、およそ父親らしいことはしていない。

カワキのことを自身の「器」と称しているが、その詳細は……。











以下、ネタバレ注意



















彼の正体は、かつて『NARUTO』の時代においてナルトサスケたちによって封印された、大筒木カグヤと共に地上へ降り立った大筒木一族大筒木イッシキである。
彼こそが「殻」の真のリーダーであり、ジゲン自身は元々普通の人間である。

モモシキキンシキと同様、元々イッシキはカグヤとコンビを組んでおり、共に地上へとやってきたが、彼女が一族に反旗を翻し奇襲を受けたことで半身を失う瀕死の重傷を負う。
死に掛けていたところをたまたま居合わせた修行僧・ジゲンの肉体に寄生し、「楔」を刻むことで生き長らえて来た。
そのため「ジゲン」という人間の意識はもはや存在しないも同然であり、事実上ジゲン=イッシキと考えて差し支えない。

劇中ではその存在が仄めかされていたが、後に「殻」にスパイとして入り込んでいた果心居士の策謀により脱走し、木ノ葉に保護されていたカワキを奪還に向かい遂にナルトとサスケと対峙する。
その戦闘能力は作中どころか「NARUTO」の時代まで含めても間違いなく最強最大であり、ナルトとサスケが二人がかりで挑んでも全く歯が立たず、サスケを瀕死に追い込みナルトを一方的に圧倒し封印するほど。
あの九喇嘛でさえ弱気になって「勝ち目がない、力を温存するためにも大人しく負けておけ」と忠告するほどである。

しかし、イッシキにはある弱点があった。
大筒木一族の「楔」は、術者の存在全てを圧縮複製したバックアップであり、刻まれたものの肉体を乗っ取り情報を上書きすることで「転生」するためのものだが、ジゲンと遭遇した当初のイッシキは死にかけていたため「楔」を刻む余裕がなく、自身の固有術「少名碑古那」で己の肉体を縮小し、耳から入り込んで文字通り寄生することで命を繋いでいる。

ジゲンに対しても「楔」を刻んでいるものの、元々ただの人間である(時代背景の関係でチャクラへの適性がない)ジゲンは、イッシキの強大極まる力を御するにはあまりにも不適格である。
このため、ジゲンの肉体に宿るイッシキは燃費が著しく悪化しており、ナルト・サスケの2人を一蹴した際も圧勝こそしたものの、その実チャクラを枯渇同然まで使い切るという極度の消耗を余儀なくされている。
それゆえ、一度戦闘を行うとアジトに戻り、科学忍具により長時間の補給を行わなければならない(ジゲンは忍宗より前の人間であるため、「チャクラを練る」ということがそもそも出来ない体だと思われる)。

果心居士はここに目をつけ、補給途中のジゲンを強襲。
「自然の物質やエネルギーを吸収できない」という「楔」の弱点を突く「口寄せ・火焔山」でジゲンを攻撃する。
対するジゲン=イッシキは「少名碑古那」で炎を縮小して突破を試みるが、補給途中だったジゲンの肉体が限界を迎え、術が使用不能になったために火焔山の炎に焼き尽くされてしまった。

このため、イッシキは既に「楔」の解凍を終えていたジゲンの肉体を使っての転生を余儀なくされ、同時に同一人格の重複を防ぐため、カワキに刻まれていた「楔」が消失。結果、バックアップが全くない=殺されたら終わりの状態で果心居士と対峙することになった。
その姿は、ジゲンの姿をベースとしつつも、異物であったイッシキ本来の角が自然と備わり、左目は白眼、そして右目には万華鏡写輪眼を思わせる、それこそ車輪の如き紋様が浮かぶというものであった。

だが、上述したようにジゲンの肉体はチャクラを扱うこと自体に向いていないため、「楔」による転生を完了してもなお、その肉体はわずか2、3日しか持たない。つまるところ極限状態に変わりはなく、早急に次の器が必要だった。

仙人モードを発動して攻め立てる果心居士を、収縮したものを任意の場所から取り出せる「秘術・大黒天」にて撃破するも、口寄せで逃げられ抹殺には失敗。
追撃は断念し、本来の器であるカワキを確保するべく木ノ葉へ襲来した。

モチーフは一寸法師


使用術

  • 「楔」

大筒木一族の呪印。術者の存在を複製圧縮し、刻まれた者の情報を乗っ取り復活する。

  • 少名碑古那(スクナヒコナ)
イッシキの固有能力。物質を瞬時に縮小・復元できる。仙人モードでもギリギリ感知が間に合うか否かという恐るべき速度と、ノーモーションで使用可能という奇襲性が強み。
ただし生物を縮めることはできず、術者自身のみがその例外となる。
また縮小できるサイズは元々の物体のサイズに比例し、一定の割合より小さくは出来ない。
使用条件は術者が縮める物体を視認することであり、視界を遮られるとその向こうの物体には使えなくなる。なので理屈の上では「黒暗行の術」がメタとなる。
モチーフは恐らく打ち出の小槌。

・秘術・大黒天
転生の完了によって使用可能になった瞳術。発動時は眼の模様が反転する。「少名碑古那」にて収縮した物体を「時間の止まった空間」から元のサイズで取り出す。「少名碑古那」同様に術の奇襲性に優れ、大質量の物体を突如として降り注がせた。



関連タグ

BORUTO NARUTO
BORUTO:NarutoNextGenerations
殻(BORUTO) 大筒木一族

関連記事

親記事

殻(BORUTO) から

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジゲン(BORUTO)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 348

コメント