ピクシブ百科事典

ジャブジャブ鳥とは、ルイス・キャロルが想像した架空鳥類である。

 『鏡の国のアリス』に名前だけ登場する。どうもバンダースナッチジャバウォックのいる島(ジャバウォッキーの形容詞Manxomeに、「マン島の」を指すManxぽい響きはあるが、作者がそこをモデルにしたという資料はない)に生息しているらしい。

 『スナーク狩り』によれば、その姿は「流行を1000年くらい先取りしたように」派手で、「All our strength for the job(これに襲撃されたら全力をもってしてあたる)事が必要だ」という。

 性格は自暴自棄で荒っぽく、いつもさかっているので、出会ったらボクサー並みのJabが連打される可能性が高い、反面、友人のことは決して忘れず、公明正大で裏取引には絶対応じない、寄付をすることはないが募金活動自体は大好きといった所もある。

 名前はナイチンゲールの「ジャグジャグ」という死の予兆のような声から取られたという説がある。ジャブジャブ鳥の鳴き声は「石板へ石筆で文字をかく(ガラスを爪でひっかく)」時のようなものである。

 肉は、子羊シギ(鳥類)牡蠣あるいはなどよりはうまいとされる。おがくずと一緒に煮て、にかわと一緒に塩漬けにし、サナダムシとイナゴで味を濃縮する。形が崩れるので左右対称は維持しないといけない。ソレの保存は黒檀の樽か象牙の壺で行う。

 名詞

 自己紹介をする際「do do dodgson」と言っていたので、絶滅したドードー鳥を自身に重ねる(『ふしぎの国のアリス』の方でアリスへ賞与をするドードーが「作者キャラ」ぽいとされる)チャールズ・ラトウィッジ・ドジスンは、
そのDodoを英語で「しろ、しろ(Do Do)」と言う意味であると解釈し、なにをって勿論!Job(仕事)!というおやじギャグで誕生したらしい。なおアリスシリーズではシンメトリーが特徴である。

関連


 架空鳥類

 鏡の国のアリス

 スナーク狩り

関連記事

親記事

鏡の国のアリス かがみのくにのありす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャブジャブ鳥」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4

コメント