ピクシブ百科事典

ジャン=ジャック・ルソー

じゃんじゃっくるそー

ジャン=ジャック・ルソーとは、主にフランスで活躍した思想家・哲学者である。
目次[非表示]

概要

ジュネーヴ共和国(現:スイス西部の都市)の思想家哲学者作曲家で、主にフランスにおいて活躍した。日本においてルソーと呼ばれるのは大体は彼のこと。
1762年にフランスで公刊された、政治哲学の著作である社会契約論の著者として有名であり、「一般意志」という彼の造語を世に送り出した書であり、古くは『民約論』とも訳された。
彼のこの書籍は、フランス革命期において掲げられた民主主義に大きな影響を与えた。

彼は上述した書籍において、民主主義的な国民国家の原則を次のように語った。

「統治者が市民に向かって
『お前の死ぬことが国家の役に立つのだ』
というとき、
市民は死なねばならぬ。」
「なぜなら
この条件によってのみ
彼は今日まで安全に
生きてきたのであり、
また彼の生命はたんに
自然の恵みだけではなく、
国家からの条件付きの
贈物なのだから。」

※『社会契約論』(岩波文庫)より

創作作品におけるルソー

ジャン=ジャック・ルソーを題材にした人物、またはモチーフにしたキャラクターが登場する作品。

乙女パズルゲームの攻略キャラクター。→J=J・ルソー(ラヴヘブン)
フランスで活躍した哲学者。政治哲学や社会思想の側面から語られることが多いが,あらゆる分野に幅広い関心を持ち、独自の思想を残した。(ゲーム内プロフィールより)
異世界の危機を救うため、主人公により召喚された。脱衣癖がある。

関連タグ

フランス フランス革命期 民主主義 政治哲学
社会契約論

ラヴヘブン

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャン=ジャック・ルソー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 73

コメント