ピクシブ百科事典

ストーム1

ちきゅうさいごのきぼう

地球防衛軍3の主人公。地球に危機に勇猛果敢に脅威と戦う我らが隊長。 れっきとした真人間ではあるが、その戦闘力は多くの死線をくぐってきた結果、常人を超えた者を得ている。
目次[非表示]

ストーム1とは地球防衛軍3の主人公。
2017年の戦いでは数々の死地、修羅場を潜り抜けて最後はマザーシップに挑み見事撃墜した伝説の兵士。
勘違いされがちだが2までの陸戦兵とはまったく関係無い。(そもそも2までと3以降は世界線が違う)

部隊名

地球防衛軍3の主人公達が受け持つ特殊遊撃隊の事。ストーム1はその一番隊の隊長(ストームリーダー)のこと。
部隊と銘打ってあるがゲーム中の内容を見る限りストーム1は一人で戦うワンマンアーミーである。(他のストームチームは部隊ごとに動いている)
本名は不明。

ちなみにストーム1は他の隊員(茶色のヘルメット)や隊長(赤いヘルメット)とは違い、黒いヘルメットを着用している。

ところで2P側(地球防衛軍3PORTABLEでは2~4P)はストーム1と同じ単独で戦うストームチームなのか。それとも同じストーム1なのか……。
結局どのチームに属するかは不明。

その戦闘力は、たとえ巨大怪獣だろうとUFOだろうと、地球を守るためならば臆せず立ち向かい撃滅せしめる超人的なもの。
あらゆる武器の扱いに精通し、銃火器から爆弾戦闘車両に超科学兵器に至るまで完璧に使いこなしてみせる。

決して超能力者ミュータントでも、改造人間でも、まして善良な地球外生命体というわけでもなく、れっきとした真人間である。
そのため、ときに味方からすら「本当に人間か?」と疑いの目を向けられることもあるが、これでもちゃんと人間です

その強さと、地球と人類を愛するまっすぐな人間性から多くの同僚に信頼されており、一部からは『人類最後の希望』とまで称されてる。

レンジャーチームを指揮下に

合流可能なレンジャーチームの隊長か、隊長がやられると隊員の頭上にカーソルアイコンが出現する。
その隊長(隊員)に近づくと「指揮下に入ります」などという台詞と共に自分についてくるようになる。

ストーム1のその後

マザーシップを撃墜した際の爆発に巻き込まれて消息不明となる。

その活躍は月日が経つにつれて薄れて行き、うわさ程度に。地球防衛軍4の舞台である2025年頃にはすでに「でっちあげだ」と笑われるほどになっている。

が、一方では「無事に生還し、今もストームチームに所属している」とのうわさも立っていたりする。

地球防衛軍5のストーム1

最初は存在しないが、ストーリーを進めると遊撃部隊ストームチームが結成される。そのメンバーの一人である。
※以下ストーリーに関するネタバレ注意※
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
地球防衛軍5におけるストーム1は、地球防衛軍5における主人公(プレイヤー)その人の事である。
民間人から兵士としての才能を見出されてEDF兵士となった主人公は、戦闘能力・指揮能力共に急成長。その類稀なる天才によってめきめきと頭角を現し、一兵士からエース級兵士へ、そして後には民間登用としては異例の小隊長を務めるに至る。
周りからの呼び名も、それに応じて「民間人」→「新入り」→「ルーキー」→「スーパールーキー」→「隊長」と次々に変わっていく。
 
エイリアンによって地球が侵略されていく中、主人公は隊長として連戦。とある作戦において、戦略上重要となる基地を奪還するという任務を負う事になる。
エイリアンの苛烈な攻撃により既にEDFは半壊状態であったが、作戦敢行の為に付近に展開していた精鋭部隊が集まった。
 
民間人だった主人公を守り続け、その後も何度も共闘した「軍曹」率いるベテランレンジャー部隊。
戦場にて幾度となく帯同し、その度にエイリアンに壊滅的打撃を与えて来た精鋭フェンサー部隊・「グリムリーパー」。
グリムリーパーに比肩する実力を有する、勇猛果敢な女性飛行部隊「スプリガン」
そして、絶望的な戦況を潜り抜けて来た、主人公率いる小隊である。
 
軍司令部は作戦実行の為、これらの部隊の生き残りを新たに1つのチームとしてまとめ上げた。
それが本作の「ストーム・チーム」である。
この作戦以後、各隊のコールサインが変更。軍曹の部隊はストーム2に、グリムリーパーはストーム3に、スプリガンはストーム4に、そして主人公の小隊はストーム1と呼ばれるようになる。

関連イラスト


同じXBOX360のゲームHALOの主人公であるマスターチーフとの夢の2ショット。

関連タグ

地球防衛軍 地球防衛軍3

pixivに投稿された作品 pixivで「ストーム1」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 127065

コメント