ピクシブ百科事典

スパーク・洸・キリン

すぱーくこうきりん

スパーク・洸・キリンはメディアミックス作品『ガイストクラッシャー』に登場するガイストの一体。
目次[非表示]

概要

 自然属性:雷 武器属性:サイズ 種別:麒麟 ガイメタル形状:長方四角辺十六角形

 レジェンドガイストの中でも『聖獣』のカテゴリーに入る大型ガイスト。全ての生き物の意思を理解し一万年も生きている長寿である。曹劉孫共和国において世界の中央を守護すると言われており、光速に近い速度で世界を走り抜ける事から人間の目視では困難である。人より高い知能を持ち合わせ精神波で近付く者に警告を与える。

メイルフォーム

 緑色の翼が背中に四つ備え付けられている。ヘッドギアには額当ては存在しない。

ウェポンフォーム

 麒麟の翼がそのまま鎌の形状になっている。ガイストアーツは地面から雷属性のG波を含んだ鎖を使い拘束し、一気に切り裂くエレクトリックデスブランド。
固定技
 アンサー+1
 ヘブンアンドヘル+1
 フォールン+2

コミカライズ

 登場せず。

TVシリーズ

 アイスガルドのストーンサークル内でマンガンによって超活性化されるも、強力なG波で遺跡を作動させ白亜紀にGCG戦闘班らと転送される。その地において彼らを打ち負かすと、その一人にガイメタルへと戻って操り、バナたちの体をも傀儡にして簡易ストーンサークルを作らせる為に使役する。その目的はヤマトガイストの復讐で、他の聖獣達を古代に呼び寄せた上で、現代に総攻撃をかけることであった(自分が優れていると思い込み、ヤマトへ攻めいったが返り討ちに会い、アイスガルドにおいて倒されたことに恨みをもつ。優雅な名称を持っていても、やってることと性格がガイスト内でも最悪である)。しかし、救出に来たレッカ達と対決。圧倒的な戦闘力で退けさせるも、簡易遺跡の増幅機能を利用されたうえ、使役した格時代の者達も送り返される。再び時空内で追い付くものの彼らによって叩きのめされ戻される(それ以降の消息は不明時空の狭間にいるのか白亜紀へ戻されたか…)。

ゲーム本編

 ストーリーモードでは登場せず、フリーミッションで終盤に登場。オリンポリスの湿地帯に出現。加速力と無数の雷撃技で攻撃するも、ヤマトガイストと同じく制限時間が短い。

関連ガイスト

マッハ・迅・セイリュウ
グレイス・凍・ビャッコ
アース・魁・ゲンブ
コロナ・焔・スザク
アルファ・キリン

関連タグ

ガイストクラッシャー

コメント