ピクシブ百科事典

スモーキング

すもーきんぐ

スモーキングとは週刊ヤングマガジンにて月一で連載中の岩城宏士による漫画作品である。
目次[非表示]

概要

『D.B.S 〈ダーティー・ビジネス・シークレット〉』を手がけた岩城宏士の月イチ壮絶アウトロー劇場として連載開始。

曲者ばっかの血煙遊戯!!左辺ジィ、ゴロ、八丁、ヒフミンの4匹の殺し屋どもが、この世にはびこる悪党どもを裁く、裁く、裁きまくる──。

登場人物


左辺重蔵(さべじゅうぞう)

剥ぎ師(はぎし)。軍団のリーダーらしき白髪の爺さん。的を仕留めた際に証拠として入れ墨の皮だけキレイにはがす芸当を持つ。
普段、表の顔としてホームレスの姿などの一般人と接する場合は好々爺的であるが、本性はかなり冷徹で眼光の鋭い人物。「剥ぎ師」の腕前からして元々は腕のいい外科医ではないかと物語中で推測された事もあるが不明な所が多い。

ゴロ

潰師(つぶし)。元地下格闘技界のチャンピオンらしき男。ケンカ無敵。素手で悪党どもを潰しまくる。
本名は不明だが、地下格闘技界時代は「五十六番」と呼ばれており、薬物に染められている殺戮マシーンのような男だった。左辺に出会い、染まっていた薬物を抜く荒療治の壮絶な禁断症状との闘いは壮絶であり、一人の人間としての心を取り戻した。
厳つい外見ながら、弁当屋で働く未亡人に恋をする等純情な一面も持っている。

八丁(はっちょう)

物足師(ぶったし)。銃や爆薬、あらゆるブツの調達能力に長ける。4人のうち、唯一、関西弁をしゃべる色男。身に付けているアクセサリーの数珠は様々な機能を持っており、窮地に陥った時に活用している。

ヒフミン

薬罪師(やくざいし)。オリジナルの劇薬を作り出すヘンテコ男。いつも同じ言葉を3回繰り返すクセを持つ。メンバーの中では最年少らしく、裏の世界でもまだ若造らしいが様々な薬品を作り出す腕は中々のもの。
割と子供達に好かれているらしく、一緒に遊んでいる光景も。普段は無口かまともに喋っていないが筆談となると饒舌の傾向がある。

余談

メンバーの特徴や行動に特攻野郎Aチームに類似している所が多々ある。

関連タグ

週刊ヤングマガジン 殺し屋 アウトロー

特攻野郎Aチーム

pixivに投稿された作品 pixivで「スモーキング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 290

コメント