ピクシブ百科事典

目次[非表示]

ルール・テキスト

マナコスト(3)(白)(白)
カードタイプクリーチャー - 天使
パワー/タフネス4/4
能力飛行
警戒(このクリーチャーは攻撃してもタップしない。)


カードイラスト:Douglas Shuler(リミテッドエディション~第4版)、Mark Zug(第7版~第8版)、Greg Staples(第9版~第15版、統率者、エターナルマスターズ)、Donato Giancola(ドミナリア)、Rebecca Guay(From the Vault: Angels)、Scott M. Fischer(MTG25周年展限定配布プロモカード)

概要

白の飛行クリーチャー。通称「セラ天」「セラエン」など。
MTG最初のセットである「アルファ」から存在する最古参カードであり、それなりのサイズと回避能力、何より剣を携えた美女という美麗なイラストで高い人気を誇る。
元々は恐ろしい天使のイメージで「serrated(ギザギザした)」という単語から命名されたのだが、後から付けられたイラストのイメージに合わせて「セラという女神に仕える天使」と設定変更された話も有名。

第5版・第6版では「あまりに優秀すぎる」ということで、コストパフォマンスで劣る「大天使」にその座を譲っていたが、第7版で復帰を果たした。
その折には、広告で『彼女が帰ってきた』と大きく喧伝されたが、当時(インベイジョン前後)の強力なクリーチャーが揃っていた環境ではさほどの活躍はできなかった。
現在は上位互換ともいえるパワー・カード「悪斬の天使」の存在でリミテッド戦での出番にとどまっている。

天使タイプのカードの「基準」ともいえる存在。上述の事情でブランクはあったが基本セットの常連と言える。基本セットでの彼女のイラストは三代目。複数体いる存在であること反映してか、様々な姿や装備の「セラの天使」が描かれている。

なお、遊戯王OCGでは2014年に「ゼラの天使」というカードが登場。
モリンフェンほどあからさまではないが、ギリギリなネーミングである。
(まあ「ゼラ」はOCGにおいても古参モンスターなので言い訳は立つ)

外部出演

デュエル・マスターズ:DMEX-08「謎のブラックボックスパック」 イラストは増田幹生が担当。
ロードオブヴァーミリオン:神族の使い魔として参戦。通常版がGreg Staples絵、プロモ版がMark Zug絵になっている。
パズドラ:プレインズウォーカー達と共に参戦。キャラクターデザインはDonato Giancola絵が元になっている。

関連記事

親記事

天使(MTG) てんし

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「セラの天使」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19503

コメント