ピクシブ百科事典

モリンフェン

もりんふぇん

モリンフェンとは、カードゲームM:tgにおけるクリーチャー、もしくは遊戯王OCGにおけるモンスターである。(メイン画像は遊戯王OCGのもの)
目次[非表示]

Magic: The Gatheringにおけるモリンフェン(Morinfen)

ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社(Wizards of the Coast, Inc 略称Wotc)から発売されているカードゲームシリーズ、Magic: The Gathering(略称M:tg またはMtg)に登場するクリーチャーカードの一枚。
エキスパンション(カードセット)『ウェザーライト』に収録。希少度はレア。

ヴォルラスの配下であるファイレクシアの工作員。
ガロウブレイドという兄弟分と共に、ストーリーの中心人物であるクロウヴァクスと戦い、彼の一族を皆殺しにした残忍にして強力な刺客である。
確固たる個性とストーリーにおける重要な役割を持つ伝説のクリーチャーであり、有象無象の魔物の一匹と言うわけではない。

カードとしての能力

モリンフェン


<
マナコスト(3)(黒)(黒)
カードタイプ伝説のクリーチャー — ホラー
パワー/タフネス5/4
能力飛行
累加アップキープ ― 1点のライフを支払う。(あなたのアップキープの開始時に、このパーマネントの上に経年カウンターを1個置く。その後あなたがこの上に置かれている経年カウンター1個につきアップキープ・コストを1回支払わないかぎり、それを生け贄に捧げる。)
相手プレイヤーの防御クリーチャーを飛び越える『飛行』と使用しているプレイヤーのライフさえ奪ってしまう『累加アップキープ‐ライフ1点』を持つ。
古いカードであることを加味すれば充分な実力を持ち、ライフの減少も構わず敵を即殺する黒の特徴をよく現したカードと言える。


遊戯王OCGにおける モリンフェン(Morinphen)

高橋和樹原作の漫画『遊☆戯☆王』をモチーフにコナミ社が制作・販売しているゲーム、遊☆戯☆王ファイブディーズ オフィシャルカードゲーム(以下OCG)に登場するモンスターカードの一枚。
収録パックは『Vol.4』及び『暗黒魔竜復活-REVIVAL OF BLACK DEMONS DRAGON-』。希少度はノーマル。

フレイバーテキスト(カードの説明文)には、
『長い腕とかぎづめが特徴の奇妙な姿をした悪魔』と書かれており、
実際、イラストにはその通りの奇妙な姿をした悪魔が描かれている。

モリンフェンという名称は上記M;tgオリジナルのもの(神話や伝説等モチーフなしの完全固有名詞)であるため、盗作したのは明らかなのだが、名称や効果の拝借はカードゲーム業界ではよくある事であり、一時北米において遊戯王カードはM;tg発行元が擦っていたので、黙認もしくは特に問題視されなかった可能性がある。

M:tgのモリンフェン(Morinfen)が伝説のクリーチャーであったのに対し、OCGのモリンフェン(Morinphen)はありふれた一般的な悪魔族であるため、名前以外にあまり関係性はない。



カードとしての能力

伝説の悪魔



★5 闇属性 悪魔族 攻撃力1550 守備力1300
通常上級モンスターである。

OGCにおける最弱モンスター候補の一枚」とされているほどに弱く、初代遊戯王において一部で有名なハズレカードである。他の最弱モンスター候補として『レオ・ウィザード』、『シェイプ・スナッチ』などが居る。

一見無難なレベルと攻撃力を持つカードにも見えなくもないが、実はとんでもない地雷カードである。

まだルールの固まっていなかったOCG初期において、レベルと攻撃力の関係は強さの目安でしかなく、一部例外を除き「攻撃力と守備力の合計が2800まではレベル4、2900からはレベル5」という単純な決まりに基づき設定されている。
モリンフェンの合計値は2850で境目なのだが、他の初期の合計2850のモンスターはどれもレベル4なのに(例えば、ケンタウロスは攻撃力1300守備力1550とモリンフェンと攻守が逆なだけなのにレベル4だった)モリンフェンだけレベル5に設定されるという謎の扱いを受け、この時点で最弱のレベル5モンスターという、わりと絶望的な立場にあった。

初期のブースターパックにおいて、レア度の低いノーマルカードであるため排出されやすく、とにかく目についた。また中途半端にレベルが高いため、レアカードという扱いで出てくる迷惑な存在として名が知られるようになる。

OCG発展期においてルールが見直され、『レベル4までのモンスターはリリース(生け贄)が不要であるが、レベル5~6のモンスターは生贄(リリース)が1体、レベル7以上は生贄(リリース)が2体必要になる』という項目が加えられた際は、最弱の能力値であるにもかかわらず、召喚にリリースを1体求められるというとんでもないコスパの悪いカードへとなり下がった。
(同じくリリース1体で召喚出来るモンスターには、当時では攻撃力2500の『デーモンの召喚(このモンスターも実は、MTGのカード『奈落の王』をモチーフとしている)』をはじめとした高攻撃力のカードが多く存在する。)

モリンフェンへの追い打ちはこれに留まらず、上記のルール変更によって、この弾以降のモンスターカード全体の攻撃力が見直された。レベル4の通常モンスターの攻撃力は1600~2000、レベル5の通常モンスターの攻撃力は2000~2500まで引き上げられることとなり、当時からレベル4モンスターと大差ない能力であったモリンフェンは、一気に無用な存在へとなり下がった。今の彼にとって戦場は地獄でしかない。

せめてもう少し攻撃力が低ければ、「攻撃力の低い上級モンスターをリクルートし特殊召喚する」効果を持つ『キラー・トマト』によるコンボを演出する事もできたのだが、中途半端に攻撃力1500を超えたせいでそれも叶わない。

しかし、現在ではチューナーモンスターカオスエンドマスター』の登場によって、多少は扱いやすくなったと言える。『カオスエンドマスター』の効果により、デッキから特殊召喚することが可能になった。そして、『カオスエンドマスター』は光属性、『モリンフェン』は闇属性なので、『カオス・ソーサラー』のシンクロ召喚の条件を満たしており、これらのカードでコンボすることが出来るようになった。

……それでも、他のモンスターを使った方が遥かに強いのだが、どうしても、モリンフェンを使いたい人は、狙ってみてもいいかもしれない。

カルト的人気

皮肉にも、このあまりの弱さのために一部OCGプレイヤーの間でネタとしての人気を博してしまった。

掲示板の専用スレッドでオリジナルのサポートカードが考案されたり、モリンフェンの強さを讃える『モリンフェン様Wiki』というサイトが作られたりと、ごく一部の愛好家の間でカルト的な人気を誇っている。この辺りはM:tgのクリーチャー『甲鱗のワーム』に通じる所がある。

関連イラスト

アドバンス召喚!!闇を裂けモリンフェン
モリンフェン召喚!!



関連タグ

遊戯王OCG 悪魔族 甲鱗のワーム Mtg

外部リンク

遊戯王カードWiki - 《モリンフェン》
モリンフェンとは - ニコニコ大百科
モリンフェン様Wiki

関連記事

親記事

ファイレクシア ふぁいれくしあ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「モリンフェン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 262083

コメント