ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

遊戯王GX覇王十代の配下として登場したモンスター。
今現在最も制限改訂されたカードらしいがいつか「マスマティシャン」や「炎舞-「天キ」」に抜かされるかもしれない。

一時期、カオス・ソルジャーの派生モンスターなどとともに登場した、カオスモンスターの一種。亜種として天魔神などがある。

テキスト

特殊召喚・効果モンスター
星6/闇属性/魔法使い族/攻2300/守2000
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から光属性と闇属性のモンスターを1体ずつ除外した場合に特殊召喚できる。
(1):1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その表側表示モンスターを除外する。
この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。

解説

攻守は上級モンスターとして高すぎず低すぎずの位置だが、登場当初としては緩めで、高速化が進んだ今でもそれほど苦にならない特殊召喚条件・攻撃できない制約つきの除外効果を持っている。
はじめは、同様の除去効果を持っていた最上級モンスターの派手さに気おされ気味であったが、破壊を介さない除外という、破壊耐性持ちや墓地に送ると面倒なモンスターの処理に役立つ効果と、「アーカナイト・マジシャン」などのシンクロ素材としては悪くないレベルなどが注目されたのか、徐々に活躍の場を広げた。そして、制限や準制限に反復横飛びをするかのように、何度か制限改訂の影響を受けた。

エクシーズ召喚導入期以降は環境の高速化などによって、割と大人しめになったが、ランク6エクシーズの素材候補に活用されることもあった。
質のいいサポートカードに比較的恵まれている種族であったからか、「ワンダー・ワンド」や「ガガガシールド」など、間接強化を行う手段も時折増加した。

ペンデュラム召喚導入前にはさらに地味な存在になったが、採用の機会がなくなったわけではなく、「ゼータ・レティキュラント」という、癖が強いが侮れないトークン生産能力を持つ除外関連カードを用いたデッキなどに、稀に使われている。

関連タグ

遊戯王OCG 魔法使い族

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カオス・ソーサラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38

コメント