ピクシブ百科事典

カオス(遊戯王)

かおす

遊戯王OCGにおいて単に「カオス」という場合意味が複数ある。当記事では全てを扱う。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 劇場版 遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS MOVIE PACKでカテゴリ化された「カオス」と名のついた儀式モンスター群。
  2. カテゴリではなくシリーズカードとしての「カオス」と名のついたモンスター群。
  3. アニメ『遊戯王ZEXAL』に登場する力の根源。また、カオスナンバーズカオスエクシーズをサポートするカード群でもある。


1.の概要

属するモンスターはマジシャン・オブ・カオス以外全てレベル8で統一されている。
正式なカテゴリになったのは儀式魔法のカオス・フォームが登場した『MOVIE PACK』から。

アタッカーに乏しいメガリスでは、特にレベル8
カオス儀式モンスターを切り札として採用されることが追い。

「カオス」と名のついた儀式モンスター

レベル7

マジシャン・オブ・カオス

レベル8

カオス・ソルジャー
超戦士カオス・ソルジャー
青眼の混沌龍
ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン
マジシャン・オブ・ブラックカオス
マジシャン・オブ・ブラックカオス・MAX

2.の概要

光属性または闇属性のモンスターをコストに特殊召喚を行う「カオス」と名の付くカード全般のこと。そのカードの殆どは除外に関する効果を持つ割合が高い。
特に採用率の高かったカオス・ソーサラー混沌帝龍-終焉の使者-カオス・ソルジャー-開闢の使者-はカオスモンスターの代表として環境を制圧した事で、それぞれが1度は禁止カードに指定された上、後継となる天魔神で登場している。
その後には、制限復帰やエラッタによる解禁で環境に戻ってきている。混沌帝龍-終焉の使者-
がエラッタされたことでお互いの性能に良し悪しが生まれる中、エンライズは召喚条件が重いだけの下位カードになっている。

関連タグ

遊戯王OCGの特殊カテゴリー一覧

外部リンク

遊戯王カードWiki - カオス

関連記事

親記事

遊戯王OCGの特殊カテゴリー一覧 ゆうぎおうおふぃしゃるかーどげーむのとくしゅかてごりーいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カオス(遊戯王)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42488

コメント