ピクシブ百科事典

ダンチ

だんち

ダンチとは、さいふうめいの麻雀漫画『哲也-雀聖と呼ばれた男-(以下、哲也)』の登場人物である。
目次[非表示]

よーく肝に銘じておけ。麻雀は小金を稼ぐ道具じゃねぇ……

人物像

CV:高木渉/疋田由香里(少年時代)

本名「早見たつを」。
リーゼントと白いスーツがトレードマーク。
印南戦をきっかけに哲也オヒキとなる。
何故ダンチと呼ばれるかは謎。

お調子者で、彼が原因のトラブルも数多いが、哲也の信頼は厚い。
他の登場人物に比べ、感情的で人間らしさがあるため、よく初対決の相手には麻雀で負けている描写があるが、その雀力は哲也も認めており、また技も非常に多種多様にこなし、時に見抜いた技を練習せずに使いこなす器用さを持っており、彼のサポート無しには勝てない相手も多かった。

両親はジャズ喫茶を経営していたが、戦後の不景気と根津夫婦によって負わされた麻雀による借金で一家離散となった。
しかしある時、ダンチは一家離散の仇・根津夫婦を発見し、勝負を挑む。
だが、完全に頭に血が上っていたダンチは哲也のいうことは聞かず暴走状態になり、勝負の最中にコンビに亀裂が入り敗北。哲也とコンビ解散をし、対立する。
玄人の流儀に反する麻雀を打つが哲也に敗北し、哲也の一言で一皮を剥き、玄人として根津夫婦に再戦し勝利する。

哲也が2度目の遠征に行っている間に「ダンチ新撰組」という組織を率いていたが、哲也が帰ってくると組織をそっちのけで哲也オヒキとして打ちたがっていた。

コンビ打ちに必要な技はほぼ会得しており、終盤では哲也との同時ツバメ返しも披露した。
神保の葬式麻雀の時に警視庁コンビに右手をつぶされ麻雀が出来ないようにされたがその後はホンビキ界では「黄金のサウスポー」で通るまでなっている。

モデルは、色川武大のアウトロー時代の相棒として『捕鯨船の男』『なつかしのギャンブラー』に登場するダンチ

関連イラスト

ひとり自慢
ダンチ



関連タグ

哲也-雀聖と呼ばれた男- 勝負師伝説哲也 阿佐田哲也 玄人

外部リンク

勝負師伝説 哲也-東映アニメーション-

関連記事

親記事

哲也-雀聖と呼ばれた男- てつやじゃんせいとよばれたおとこ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ダンチ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22320

コメント