ピクシブ百科事典

チャイナエアライン120便炎上事故

ちゃいなえあらいんひゃくにじゅうびんえんじょうじこ

チャイナエアライン120便炎上事故とは、2007年に発生した航空機事故である。
目次[非表示]

概要

2007年8月20日に、台北発那覇行きのチャイナエアライン120便が那覇空港に着陸直後炎上、出火した事故。

当該機(ボーイング737-800型機)は予定通り着陸したが、タクシング中に管制官や地上の整備員が翼から煙が出ていたり燃料が漏れていることを確認。
すぐさま機長に連絡がいき緊急脱出の準備が進められ、乗客は全員シューターで緊急脱出した。
乗客とCAが全員脱出したのを確認した後、機長と副操縦士がコクピットから脱出しようとした矢先に機体は爆発炎上、全焼した。
副操縦士が脱出の際転落して負傷、地上でも係員が若干名負傷したものの死者は出さずに済んだ。

原因

2009年8月28日に、事故を調査していた国土交通省運輸安全委員会が報告書を公表。
これによると、着陸後に右主翼のスラットを格納する際、一番内側のスラットの内部に破損が生じ、そこから燃料したものと推定された。

この事故を受け、整備手順などの見直しも行われた。


関連タグ

航空事故
メーデー!航空機事故の真実と真相

コメント