ピクシブ百科事典

概要

白亜紀後期初頭(約9000万年前)のウズベキスタンに棲息しており、全長は3メートルほど。属名はティムール朝の王の名に由来する。

本種は数少ない白亜紀後期初頭のティラノサウルス上科であり、その進化の空白期間を埋める大きな発見となった。脳幹の化石を調べたところ、脳の構造はアロサウルスなど原始的な獣脚類よりも子孫にあたるティラノサウルスに似ており、明瞭な中脳のピークや、曲がらずに下に伸びた長い蝸牛菅といった特徴を備えていた。この長い蝸牛菅により、他の獣脚類より低い音を聞き取ることが出来たと考えられている(そのため種小名エウオティカは「良い耳」を意味する)。

本種の発見により、ティラノサウルス類は白亜紀中ごろには進化した脳や聴覚を備えていたことが分かり、その進化の成功の鍵となったのではないかと考えられている。

関連タグ

恐竜 ティラノサウルス上科 
ティラノサウルス

関連記事

親記事

ティラノサウルス上科 てぃらのさうるすじょうか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ティムールレンギア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 400

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました