ピクシブ百科事典

ディノティラヌス

でぃのてぃらぬす

白亜紀後期の北アメリカに生息していたティラノサウルスの亜成体と思われる大型の肉食恐竜である。

概要

全長9~10mほどの大型のティラノサウルス類である。
名前の由来は「恐ろしい暴君」から来ている。
モンタナ州ガーフィールド郡ジョーダン付近のヘルクリーク累層から見つかったこの恐竜化石は当初、アルバートサウルス・メガグキラリスと名付けられた。しかし、アルバートサウルス属は本来この地層の年代より1千万年程前に全盛を極めた恐竜である。アルバートサウルス属に共通に見られるの上の小さな(涙骨突起)がないことや、前脚もより退化している点等の違いも見られることから、その後、恐竜研究家のG・オルシェフスキーの提案で新しく「ディノティラヌス」という名前を与えられることになった。

しかしこの謎の多い恐竜も現在はティラノサウルス亜成体だとされる見解が定着している。

関連タグ

獣脚類 ティラノサウルス科 ティラノサウルス

pixivに投稿された作品 pixivで「ディノティラヌス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35

コメント