ピクシブ百科事典

デルフィニア

でるふぃいあ

小説『デルフィニア戦記』に登場する架空の国。

デルフィニアとは

  1. ファンタジー小説デルフィニア戦記』に登場する架空
  2. デルフィニア戦記』の略称

デルフィニア王国

アベルドルン大陸において「大華三国」のひとつに数えられる大国。
北にそびえるタウ山脈と、西に流れるテバ川によって、隣国であるタンガ王国(東北)、パラスト王国(西)と国境を分けられている。

首都コーラルは、背後にそびえるパキラ山につながる土地を利用した造りであるため、数ある門を閉じれば強固な城砦と化す。またコーラルは海にも近く、大陸有数の貿易港として栄えている。さらに、国全体が広い平野となっているうえに肥沃な土壌に恵まれており、特にポリシア平原という広大な穀倉地帯が有名である。
「ラモナ騎士団」「ティレドン騎士団」をはじめとした強力な騎馬軍団を多数擁している。しかしその反面、海上戦の経験が浅く、海軍自体も国王直属の軍しかいない。

関連タグ

茅田砂胡 デルフィニア戦記
アベルドルン大陸 ウォル・グリーク・ロウ・デルフィン

pixivに投稿された作品 pixivで「デルフィニア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1356

コメント