ピクシブ百科事典

トレバー(汽車のえほん)

とればー

トレバーは、『汽車のえほん』とそれをベースとする『きかんしゃトーマス』の登場キャラクター。
目次[非表示]

概要

トレバーは『汽車のえほん』とそれをベースとした映像作品の『きかんしゃトーマス』に登場する蒸気牽引車である。

タグとしては、トレバー(きかんしゃトーマス)が既に使われているが、本来は汽車のえほんが原作のためこちらの記事に解説を掲載する。
汽車のえほん』と『きかんしゃトーマス』では設定が異なるため、媒体別に解説を行う。

汽車のえほんにおいてのトレバー

データ

所有チャールズ・ラクシー
製造年1927年
来島年
性別男性
ベースカラー黒色→赤錆色→黒色→黄緑色
番号(無し)
モデルウィリアム・フォスター会社 トラクションエンジンNo. 14593 『ファイリー・エリアス』
初登場第9巻青い機関車エドワード

概要

汽車のえほんの第9巻『青い機関車エドワード』より初登場した蒸気牽引車(トラクションエンジン)。
1927年に生まれた。

塗装に関しては、錆びついていた時期を除くと、『青い機関車エドワード』の時は黒色で、『Thomas and the Twins』では黄緑色になっていました。

以前は、農場で働いていましたが、トレバーの持ち主が不要と判断し、運転手の反対も効果なく、まだまだ元気なトレバーは、くず鉄置き場に送られて、解体されることになってしまいます。
しかし、くず鉄置き場がブレンダム線に隣接していて、エドワードと出会います。
エドワードが新しい持ち主探しをやった結果、ウェルズワーズで牧師をやっているチャールズ・ラクシーが新しい持ち主となりました。

Thomas and the Twins』の頃には、ボイラー不調に悩まされていました。
そんな時、エドワードの牽引する貨物列車の後方が脱線し、それをトレバーが汽笛を鳴らして知らせました。
太っちょの局長がお礼にやって来て、知らせてくれたお礼に壊れた部分を直すことにしました。

性格・特徴

性格は、親切で陽気である。

子供たちが大好きである。

運用

前述した通り、以前は農場で働いていたが、処分されてしまう。
しかし、エドワードと出会ったことで、ウェルズワーズで牧師をやっているチャールズ・ラクシーに引き取られる。

現在は、ウェルズワーズ牧師館の果樹園に配置されている。
使用用途は、薪つくり、教会のお祭りのときに子供たちを乗せて回る、以前の運転手の仕事の手伝いである。

きかんしゃトーマスにおいてのトレバー

データ

所有チャールズ・ラクシー
性別男性
ベースカラー深緑色→黄錆色→深緑色
番号(無し)
日本版声優小林俊夫酒巻光宏
モデルウィリアム・フォスター会社 トラクションエンジンNo. 14593 『ファイリー・エリアス』
初登場いのちびろいしたトレバー

概要

きかんしゃトーマスにおいても登場キャラクターの1台として登場している。
性格は、原作とと同じ、親切で陽気となっている。

汽車のえほんとの違い

きかんしゃトーマスにおいての変更点は以下の通りとなっている。

  • 原作では、事故を起こしたことが無いが、踏切事故の原因に2回もなっている。

2次創作について

2次創作では、親切で陽気な性格で描かれていることが多い。

海外では、trainzを使った動画が多く制作されている。
それに使われるモデルは、きかんしゃトーマスベースのモデルがほとんどである。

関連タグ

汽車のえほん きかんしゃトーマス
ノース・ウェスタン鉄道 牽引車

ブレンダム線での同僚
エドワード ビル ベン ボコ

ブレンダム線周辺の車両
トレバー

関連記事

親記事

汽車のえほんのキャラクター一覧 きしゃのえほんのきゃらくたーいちらん

兄弟記事

コメント