ピクシブ百科事典

ナナシノゲエム

ななしのげえむ

ナナシノゲエムとは、スクウェア・エニックスによるホラーゲーム。
目次[非表示]

概要

二画面でプレイする携帯ゲーム『TS』に配信されてくる『呪いのゲーム』をとりまく恐怖を描いた作品。
主人公はクリアしないと7日後に死ぬというゲームを自らのTSに配信されてしまい、呪いを解く方法を探すために奔走することとなる。

物語は主人公を操作し様々な場所を探索する形式で進むが、要所要所で呪いのゲームからのアクセスがTSに届き、そのゲームをプレイする形でも謎解きが行われる。

呪いのゲームはドラゴンクエストを思わせるFCRPGの雰囲気(ちなみに製作社は同じ)だが、ストーリーが進むにつれ画面にノイズが走ったり、ゲーム内の出来事が現実世界に反映されるといった怪現象が巻き起こるようになる。

続編に『ナナシノゲエム目』が存在する。

登場キャラクター

主人公
携帯ゲーム機に呪いのゲームを配信されてしまった大学生。
性別および名前を選択でき、性別によって一部キャラの台詞が微妙に変化する。
ゲームを受け取ってしまったことと、同じく呪いのゲームをプレイした先輩への訪問をきっかけに恐怖の出来事に巻き込まれ、大学教授『大山』と共に真相解明に赴く。

尾高文人(おだか・ふみひと)
主人公の先輩。
主人公と同じく呪いのゲームを受け取り、学校に姿を見せなくなった。
本編では主人公が彼の住む高級マンションを訪ねることが物語の始まりとなる。

長沢理子(ながさわ・りこ)
主人公の友人。尾高と交際している。
学校に行かなくなった尾高と喧嘩をしてしまったらしく、彼を訪ねる役目を主人公に託す。
主人公が尾高の自宅を訪問した翌日、真夜中の電車内にて自分を呼ぶ、尾高のものと思われる声を聞くが…。

大山法基(おおやま・ほうき)
主人公の通う大学の教授。
過去に呪いのゲームによって起こった変死事件に興味を持っており、呪いを受けた主人公に協力する。
本編では主人公のTSに自らの知識をメールで送り、呪いに関する情報を提供してくれる存在。

あさひ
呪いによる恐怖体験に苛まれる主人公の前にたびたび現れる、謎の少女。
最初は呪いのゲーム内のキャラクターとして姿を見せていたが、徐々に現実世界にも干渉し影響を及ぼしていく。
呪いのゲームを『制作』したというゲーム会社社員の家族に同名の少女がおり、現在では行方不明になっているらしいが…。

ルグレ
現実世界の要所要所で出現する存在。
特定のエリアを巡回し、主人公を見つけると接近して来る。
触れると即ゲームオーバーとなってしまう為、遭遇時はその場から退散する必要があるが、主人公の足の速さはかなり遅く設定されており、恐怖の演出に拍車をかけている。

関連動画



関連タグ

スクウェア・エニックス ホラー ナナシノゲエム目
ニンテンドーDS

pixivに投稿された作品 pixivで「ナナシノゲエム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 241121

コメント