ピクシブ百科事典

OCTOPATH_TRAVELER

おくとぱすとらべらー

『OCTOPATH TRAVELER』とは、スクウェア・エニックスより2018年7月13日に発売されたRPG。
目次[非表示]

概要

スクウェア・エニックスから発売されたNintendo Switch用ソフト。
メインスタッフは『ブレイブリーデフォルト』シリーズのメンバーを中心に構成され、開発はアクワイアが担当。

2017年1月に『Project OCTOPATH TRAVELER』のプロジェクト名で発表され、同年9月に2018年発売予定の発表及び先行体験版が配信。
2018年3月に正式タイトルが『OCTOPATH TRAVELER』に決定、発売日も同年7月13日に決定。
同年6月に先行配信版でのユーザーの意見をフィードバックしたプレイ時間3時間限定の体験版が配信。

「伝統と革新の融合」を標榜し、グラフィックには既存のドット絵をベースに3Dのフィールドを共存させて奥行きを持たせた「HD-2D」を採用。バトルシステムはプレイスタイルの異なる8人の主人公による「ロールプレイ」、「コマンドブースト」「ブレイク」による戦略性をもたせた『サガ』シリーズを彷彿とさせるシステムとなっている。

タグは『オクトパストラベラー』が使用されている。

システム

フィールドコマンド

8人の主人公はそれぞれ異なるフィールドコマンドと固有アクションを持つ。
フィールドコマンドは使用すると住民や通行人等に対して干渉できる。
フィールドコマンドには大きく分けて「正道」と「邪道」があり、正道は必ず成功する(一部を除く)が、実行するには一定のレベルまたはお金が必要となる。一方、邪道は必ず実行できるが、失敗する恐れもある。失敗すると住民との関係が悪化し、フィールドコマンドが使えなくなってしまう。悪化した関係は酒場で一定の金額を支払えば修復できる。

フィールドコマンドのために街の人の細かいプロフィールが用意されている。モブである街の人が意外な経歴や特技を持っていたり、本編に登場した人物同士に意外なつながりがあったりする。

  • 導く(オフィーリア)・誘惑(プリムロゼ) 街の人を仲間にする。「導く」は必ず成功するがレベルが低いと実行できない。「誘惑」は必ず実行できるが失敗する恐れもある。探し物をしている人を目的のものがある場所に連れて行ったり、その人を必要としている人に会わせたりできる。戦闘に参加させることもできる。
  • 試合(オルベリク)・けしかける(ハンイット) 街の人に戦いを挑む。「試合」はレベルが低いと実行できない。正道コマンドで唯一失敗する恐れがあるが関係性は悪化しない。「けしかける」は必ず実行できるが「たたかう」「狩人の技」とバトルジョブのコマンドが使えない。悪人を懲らしめたり、入口をふさいでいる人を倒して家の中に入ったりできる。
  • 聞き出す(アーフェン)・探る(サイラス) 街の人から様々な情報を得る。「聞き出す」は必ず成功するがレベルが低いと実行できない。「探る」は必ず実行できるが失敗する恐れもある。得た情報を必要としている人に伝えたり、隠されたアイテムを見つけたり、正道コマンドの必要レベルを下げたり、邪道コマンドの成功率を上げたりできる。店の商品追加や宿屋の値下げ情報が得られることもある。なかにはどうでもいいような情報もある。
  • 買取る(トレサ)・盗む(テリオン) 街の人が持っているアイテムを得る。「買取る」は正道コマンドで唯一レベルに関係なく実行できるがもちろんお金が必要となる。ランダムで値引きできることがある。「盗む」は必ず実行できるが失敗する恐れもある。得たアイテムは通常のアイテムと同様に使える。必要としている人に渡したりもできる。最強クラスの武器はこのコマンドで手に入る。

固有アクション

各キャラクター自身が持っている能力。使用する場面は能力によって異なる。他のキャラが身につけることはできない。

サブストーリー

街の人が抱えている問題をフィールドコマンドを駆使して解決することができる。一部のストーリーは解決法が複数ある。ただしどの解決法でクリアしても得られる報酬や他のサブストーリーへの影響は同じなのであまり気にする必要はない。悩みをかかえている人がいて明らかに解決策がありそうなのに何も起こらないという場合は、そのストーリーを既に別の方法でクリアしている可能性が高い。
一部には本編の根幹に関わるものも。

戦闘

戦闘はターン制だが、行動はターン開始前に選択するのではなく行動順が来たときに個別に選択する。
敵のHPはすこぶる高い。通常攻撃で数百しかダメージを与えられないのにザコ敵のHPが数千もあるということは珍しくない。このため必然的に戦闘時間が長くなりがち。ザコ戦であっても油断はできない。さらにボスとなるとHPが10万を超えることもあるので苦戦するとかなりの長時間を要することになる。

コマンドブースト

戦闘において、BP(ブーストポイント)を消費する事でより強力な攻撃やコマンドの連続使用を可能とする。
BPはターンの開始毎に1蓄積され、最大値は5。BPを多く消費すれば技の性能が上がる。「たたかう」は威力は変わらないが攻撃回数が増える。ブーストを使用したターンの次のターンはBPが増えなくなってしまう為、使いどころを考える必要がある。BPを消費しなくても行動は可能。
ブレイブリーデフォルトにも似たようなシステムがあるが、あちらは行動回数を増やすものである点が異なる。

ブレイク

敵には弱点となる武器や属性と「シールドポイント」が設定されている。敵の弱点を1回突くと相手のシールドポイントが1減少、0になるとブレイク状態となる。この状態の敵は次のターンの終了まで行動不可となり防御力が大幅に減少する。このためダメージの大きさだけでなく攻撃回数も重要な要素となる。

ジョブ

各主人公毎に定められた「ベースジョブ」に加えて、ベースジョブの能力を失うことなくもうひとつ任意に変更できる「バトルジョブ」を身につけることができる。ただしバトルジョブを身につけても固有アクションは得られない。複数のキャラが同じバトルジョブを同時に装備することはできない。バトルで得られるJPを消費するとサポートアビリティを習得できる。JPは全ジョブ共通なので習得するときだけそのジョブになっていればよい。バトルジョブを得るためには特定の場所に行く必要がある。
バトルジョブは各主人公のベースジョブと同じもの8種に加え、特定の条件を満たす事で選べる上級職「武芸家」「魔術師」「星詠人」「ルーンマスター」の4種類の計12種類から選べる。バトルジョブに応じて戦闘ではキャラの見た目も変わる。

その他

本作に登場するパラメータ・アイテム・魔法などのネーミングは非常にシンプルなものが多い。
例えば「HP回復のブドウ」「毒の治療ハーブ」「回復魔法」「火炎魔法」「風よび」など機能をそのまま名前にしたものが多い。一般的なRPGで魔法攻撃と呼ばれるものは本作では「属性攻撃」と呼ばれている。

世界

舞台となる大陸はオルステラと呼ばれている。フィールドや街などの配置はかなり規則的になっている。
8つの地方が内海を囲むように位置し、それぞれの地方には地形にちなんだ名前がつけられている。各地方は街道によって直接つながっていて内海の周りを一周することができる。各地域には3つずつ街がある。最も内海寄りの街が各主人公のスタート地点となり、大陸の外側に行くほど敵が強くなり店で扱う商品の性能も高くなる。主人公の1章クリア後は理論上すべての街に行くことができる。本編で行くことになるダンジョンはストーリーを進めないと入れないが、それ以外は主人公の1章クリア後ならいつでも入れる。行ったことのある街にはワープできる。これを「ファストトラベル」という。

いくつかの国家があるが王宮の存在が確認できるのは一部のみ。ただし街を治める領主の館は作中に多数登場する。どこの国にも属していない都市国家や自治領もいくつかある。貴族街・平民街・貧民街がはっきりと分かれている街が多い。
オルステラ以外にも東方大陸をはじめとして人の住む地域があることが明言されているが行くことはできない。

  • ハイランド地方
    • 山に囲まれた地方。ホルンブルグ王国があったが滅亡し不安定な状態が続いている。
    サンランド地方
    • 砂漠が広がる地方。トライブリア連合王国という複数の氏族の連合国家になっている。
    リバーランド地方
    • 長い川が流れている地方。かつてあったフェリエン王国が分裂し現在はリーヴェン王国となっている。
    クリフランド地方
    • 切り立った崖が多い荒野が広がる地方。フェリエン王国から分裂したエドラス王国がある。
    ウッドランド地方
    • 森に囲まれた地方。どこの国にも属していない。かつて「黒き森」の一族と「青き森」の一族が対立し青き森の一族が滅んだ。黒き森はハンイットが属している一族。
    フロストランド地方
    • 雪と氷に覆われた地方。グランポート王国の侵攻に対抗したのを期に大半が聖火教会領となった。
    フラットランド地方
    • 丘陵が広がる地方。たくさんの風車が回っている。かつてはいくつかの部族に分かれていたがグランポート王国の侵攻後ウォルド王国が建国された。
    コーストランド地方
    • いくつもの半島や島が橋でつながれた地方。飛び地になっている。港町が多く商業が盛ん。かつてグランポート王国があったが滅亡し、現在は複数の都市国家になっている。

歴史

約1600年前に神々の戦いが起き邪神が封印された。その戦いに用いられた聖火が現在も3か所に残っている。これをもとに聖火の信仰が生まれた。
大きな動きがあったのは約200年前。各地で戦争が起き、現存する国家の多くが形作られた。
8年前にオルベリクのいたホルンブルグ王国が内乱により滅亡した。

キャラクター

主人公

オルベリクと


ベースジョブ:剣士
フィールドコマンド:試合(正道)
固有アクション:防御ブースト 防御コマンドをブーストできる
「剛剣の騎士」と呼ばれたとある王国の剣士。
内乱での敗北により祖国と君主を失い、「バーグ」という偽名でハイランド地方の小さな村に身を寄せていたが、ある男の名を耳にして旅に出る事を決意する。

プリムロゼ


ベースジョブ:踊子
フィールドコマンド:誘惑(邪道)
固有アクション:加勢 仲間にした街の人を戦闘に参加させる。
サンランド地方で踊子に身をやつし亡父の仇を追う有力貴族の令嬢。ある日、仇の一人である「左腕にカラスの入れ墨をした男」を見つけ、彼の後を追って旅に出る。

アーフェン


ベースジョブ:薬師
フィールドコマンド:聞き出す(正道)
固有アクション:調合 薬草を調合して攻撃や回復をする。
リバーランド地方で薬師として働く青年。幼い頃に無償で自分を救ってくれた薬師に憧れ、大陸中の人々の命を救う事を志している。

Therion


ベースジョブ:盗賊
フィールドコマンド:盗む(邪道)
固有アクション:開錠 紫色の宝箱を開けることができる。テリオンがいないと開けられない。
クリフランド地方に流れ着いた盗賊。神出鬼没さで貴族や富豪を恐れさせる存在であるが、その過去は謎に包まれている。潜入したとある貴族の屋敷で意外な展開が彼を待つ。

いつも傍らに


ベースジョブ:狩人
フィールドコマンド:けしかける(邪道)
固有アクション:捕獲 戦闘中に敵を捕まえることができる。捕まえた敵は後の戦闘で使える。
ウッドランド地方の村で一番の腕前と言われる狩人の女性。「赤目の魔物」を狩りに1年前に村を出たきり帰らない師匠を気にかけている。

Ophilia


ベースジョブ:神官
フィールドコマンド:導く(正道)
固有アクション:加勢 仲間にした街の人を戦闘に参加させる。
フロストランド地方の聖火教会に仕える神官。親友にして義理の姉妹である少女に代わって、式年奉火の儀式の為の旅に出る。

「謎は、解き明かさなければならない」


ベースジョブ:学者
フィールドコマンド:探る(邪道)
固有アクション:予習 判明していない敵の弱点をランダムで自動的に1つ知ることができる。
フラットランド地方の王立学院に仕える学者。生徒からの人気は高いが気にする様子は無く、新しい知識を得ることが何よりの楽しみ。ある日、書庫から1冊の本が消えている事に気付く。

トレサ


ベースジョブ:商人
フィールドコマンド:買取る(正道)
固有アクション:歩いてリーフ エンカウントのあるマップを歩くとお金を獲得する。
コーストランド地方で両親と共に万屋を営む商人の少女。自分が本当にやりたい事を探していたが、ある日、1冊の手記を手にする。

サブキャラクター

主人公たちと同様に何らかの目的で各地を旅している人々がいる。フィールドコマンドを駆使して彼らを助けることができる。

  • クリス 父を探して旅する青年。
  • ノエル ハイランド地方を調査している歴史研究家。
  • リア サンランド地方を旅する謎の少女。
  • メリル 本当の両親を探してリバーランド地方を旅する女性。
  • アメリ ドラゴンの卵を孵化させるためにクリフランド地方を旅する少女。
  • アシラン おかしくなってしまった父を元に戻すためにウッドランド地方を旅する青年。
  • マイルズ 父の経歴を調べるためフロストランド地方を旅する聖火騎士。
  • テラキア フラットランド地方を転々としながら活動している教師。
  • ル・マン どこか頼りないコーストランド地方の冒険家。
  • リブラック 運命の人を探して旅する女性。

関連イラスト

オクトパストラベラー発売おめでとうございます!!


外部リンク

公式サイト(※音量注意)
公式ツイッター

表記ゆれ

オクトパストラベラー OCTOPATHTRAVELER

関連動画

pixivに投稿された作品 pixivで「OCTOPATH_TRAVELER」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 86434

コメント