ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

パラノマサイトFILE23本所七不思議

ぱらのまさいとふぁいるにじゅうさんほんじょななふしぎ

「パラノマサイト FILE23 本所七不思議」は、2023年3月9日配信開始のホラーミステリーアドベンチャーゲーム。配信元はスクウェア・エニックス。
目次 [非表示]

本記事および本記事の子記事を編集する際の注意点

『パラノマサイト FILE23 本所七不思議』には、著作物の保護の観点、及びゲームの世界観を将来にわたって適切に維持するために、ガイドラインが制定されています。

pixiv百科事典記事でもこれに則り、ネタバレを含む内容を記載する際には事前に警告をする事などを心がけて下さい。


概要

スクウェア・エニックスが送る、昭和後期の東京都墨田区を舞台にした完全新作ホラーミステリーアドベンチャーゲーム。2023年3月9日よりNintendoSwitch・Steam・iOS・Androidの各プラットフォームで配信が開始された(いずれもダウンロード専用)。

pixivでは『パラノマサイト』のタグが使用される事が多い。


プロデューサーは、『スクールガールストライカーズ(スクスト)』や『探偵・癸生川凌介事件譚シリーズ』を手掛ける石山貴也氏。そのためこれらの作品と本作には、システムやゲームデザインに共通点が見られる。

キャラクターデザインは、『スクスト』や『すばらしきこのせかいシリーズ』の小林元氏。本作は2Dアドベンチャーの形式であり、3Dモデルが使用されていないため、ゲーム内でも小林氏のイラストが動く事になる。

前述の石山氏・小林氏を始めとし、『スクスト』のスタッフが本作にも多数関わっており、本作の配信直前には『スクスト』でパラノマサイトコラボイベントが開催された(詳細は後述)。


『ホラーミステリー』と銘打っているものの、石山氏によると、比率は「ホラー2:ミステリー8」程度との事。また、多くの登場人物の複雑な意志が絡み合う群像劇的な側面も併せ持つ。


ユーザー評価は非常に高く、Steamでは「圧倒的に好評」のレビューを獲得。更に日本ゲーム大賞2023にて、優秀賞を受賞した


システム

ストーリーチャプター

会話送りのみでストーリーが進んでいくイベントパートと、プレイヤーの操作でキャラクターとの会話・周囲の調査などを行う探索パートで構成される。

本作は360度視点を採用したアドベンチャーであり、目の前の人物に話しかけるだけでなく、周囲をぐるっと見渡すと新たなヒントが見つかるかもしれない。


ストーリーチャート

『七不思議巡り Part2』チャプタークリア後に解禁される要素。クリア済みのものを含むすべてのプレイ可能なストーリーチャプターが表示されており、以降はここから進行するチャプターを選択する事になる。

一度クリアしたチャプターでも、やり直して別の行動をとると他の世界線に分岐させる事が出来る事も。


『錦糸堀公園 Part4』チャプターをクリアする(興家彰吾編を最後まで進める)と、新たな主人公“志岐間春恵”“津詰徹生”“逆崎約子”のストーリーチャートが追加され、以降は複数の主人公の視点を切り替えながら進んでいく形式となる。「これ以上ここでできることはない」という趣旨の発言が出てきた時は、他の主人公に切り替えて別の場所でヒントを探してみよう。


ちなみに各チャプターの進行状態はストーリーチャートの表示で知る事が出来る。明るく点灯しているチャプターは未完了で、ストーリー進行のためにプレイが必要。逆に暗転しているチャプターではストーリーに進展はない。

ただし、暗転していてもひび割れて表示されているチャプターでは、会話差分やバッドエンド、収集要素などの回収が出来る。


メニュー

常に画面右上に表示されているボタンから入る事が出来る。以下の機能がここから使用出来る他、直近の会話ログもここから確認出来る。


  • 人物リスト

パラノマサイトの登場人物達が纏められたリスト。顔写真と名前、性別・職業・呪影の基本情報のほか、簡単なプロフィールや本編以前の出来事なども記されている。


  • 資料

世界観の解説からゲームの遊び方まで、ありとあらゆる資料がまとめられている。

『文化/社会』『本所七不思議』『超常/呪詛』『攻略情報』の4種類にページが大別されている他、新しく入手したまたは更新された資料が見られる『新着』、全資料がまとまった『ALL』のページがある。

資料は全49種。コンプリートしたければあちこち隈なく探ってみよう。なお、タイトルにもある『FILE23』は、クリア後に見る事が出来る隠し要素


  • ストーリーチャート

前述のストーリーチャート画面に戻るためのボタン。ただし、このボタンを使ってストーリーチャートに戻ると、そのチャプターの進行状況が保存されないため注意。


  • セーブとロード

本作はオートセーブに対応しているが、手動でのセーブも可能。基本はオートセーブに任せておけばよいので、こちらに頼る必要性は薄い。どうしてもその場面の記憶を残しておきたい時に。


  • オプション

様々な設定変更を行える。操作方法や画面の明るさはゲーム開始時に調整しておくといい。

ちなみに、本作にはキャラクターボイスが存在しないにもかかわらず、『ボイス音量』の設定が存在する。


ストーリー

昭和後期の日本では、空前のオカルトブームの真っただ中。その中で、死んだ人間を生き返らせる『蘇りの秘術』なるものについて記された『禄命簿』という古文書が発見され、世間の注目を集めていた。

そしてある夜、突如として墨田区本所に伝わる怪談、本所七不思議の呪いが復活する。七不思議の呪いを受けた呪主達は、蘇りの秘術を得るためには、七不思議の呪いの力によって他者を呪い殺し、死者の滓魂を集めなければならない事を知る。蘇りの秘術を求める9人の男女の壮絶な呪い合いが幕を開けた。

そして最後にあなたに待ち受ける謎とは……!?


登場人物

主要人物

パラノマサイト イラストまとめ

墨田区に本社を構える大企業『ヒハク石鹸』に勤める会社員。

ひょんな事から福永葉子と友人になり、彼女に付き合って、七不思議の『置いてけ堀』ゆかりの地である錦糸堀公園を訪れ、そこで秘術と七不思議を巡る騒動に巻き込まれる事になる。


不思議大好き女子。幼少の頃から多くの怪奇現象に触れながら育ったせいか、どこか世間の感覚とズレている節がある。愛犬オゴポゴを蘇らせるため、秘術を探しているらしい。



マダムとプロタン

警察の重役を歴任する歴史ある家系の夫人。警察に恨みをもつと思われる犯人によって息子を誘拐・殺害され、私立探偵の櫂利飛太を雇って犯人を調査させていたが、その最中に七不思議の呪いを受け、息子を蘇らせるため秘術を求める事に。


春恵に雇われた私立探偵。奇抜な服装や言動が目立つが、探偵としての腕は確か。



パラノマサイトらくがき

捜査中に偶然七不思議の呪いに巻き込まれた敏腕警部。そのまま相棒の襟尾純とともに呪詛による事件の捜査をする事になる。

仕事人間でありそれが原因で妻と離婚しているが、娘の事は溺愛している。


  • 襟尾純(えりお じゅん)(画像右)

津詰とコンビを組む若手刑事。軽快な物言いをしつつも、津詰の事はしっかり尊敬している。



ミヲやっこ

都立駒形高校に通う2年生。不審な自殺を遂げた親友、白石美千代の自殺の真相を解明しようとしている。

同級生の黒鈴ミヲと共に夜の学校に忍び込み、こっくりさんに自殺の真相を尋ねようとしていたところ、七不思議の呪いを受ける。


逆崎約子の同級生。オカルトや心霊に詳しそうという第一印象を持たれがちだが、当人の性格は至って真面目かつ温厚な良識人である。



その他の人物

パラノマまとめ

一流大学に通い、エリートコースを歩んでいる学生。実家は地方の名士で、その仕送りで遊んで暮らしているという事からも窺い知れる様に、小さい頃から好きな物を与えられ何不自由なく育ってきた。しかしその反面、愛情は満足に受けられなかった影響で、性格は高慢なものとなっている


ムーピアス

マイペースだがちゃっかりした性格で、自分の価値観を何より大切に生きる女子大生。

利用出来るものは何でもうまく利用して自分の利のために生きていこうと強かに考えており、普段はそうすれば年配の男性に可愛がって貰えると学んだため、少し頭の悪そうな態度を取っている。


  • 志岐間修一(しぎま しゅういち)

春恵の1人息子。本編から1年前に誘拐された後殺害され、隅田川に放置された遺体が発見された。

厳格な教育により培われた素直さと強い正義感の持ち主で、「お母さんは僕が守るよ」と胸を叩く様子は春恵の支えとなっていた。


  • 吉見肇(よしみ はじめ)(画像右端)

同期トリオ

墨田署の生活安全課で、主に少年事件と少年育成の事案を担当していた警察官。階級は巡査長で、襟尾や利飛太とは同期。劇中では旧安田庭園で変死体として発見されている。

若い頃は暴走族の一員で好き勝手やっていたが、後に更正して警察官になる。以降は暴走族時代の経験を活かして、不良少年達の更正に真摯に取り組む様になった。


パラノマログ2

吉見の婚約者の女性。普段は都内の美容室に勤務している。吉見の事件の重要参考人として浮上するが、自宅にも帰っておらず行方不明となっている。

彼女もまた吉見と同様の元ヤンであり、学生時代は地域ナンバー1のレディースの副ヘッドを張り、泣く子も黙る《眼光のお蝶》と呼ばれ一目置かれる存在だった。


みちよ

駒形高校の2年生。約子とは幼馴染みで、昔からよく一緒に遊んだ仲。

物語開始以前の1週間前、南割下水通り脇の裏路地にて全身挫滅の状態で死亡しており、複雑な家庭環境などを苦にしての自殺だと判断された。


  • 奥田瞳(おくだ ひとみ)(画像右端)

ガールズトーク

駒形高校の2年A組に在籍しているが、登校は稀な上に、たまに来ても授業をサボって取り巻きの不良仲間達と屋上でダベって過ごすだけという問題児。

校内の不良グループの中でも特にタチの悪い存在として、教師から目を付けられている。


駒形高校の英語教師で、2年C組の担任。子供の頃は成績優秀な優等生で両親からも可愛がられていたが、受験戦争の重圧で徐々に鬱屈する様になり受験に失敗。

教職に就いたのも唯一の取り柄を活かせるというだけで、生徒の事は完全に見下している


パラノマまとめ

駒形高校の校務員の男性。気さくで面倒見が良い事や、全校生徒の顔と名前をしっかり覚えている事から生徒達からも人気で、「葦宮のおっちゃん」と呼ばれ、慕われている。


新石先生

地元の郷土博物館で非常勤学芸員を務めている他、駒形高校の非常勤講師も兼任している郷土史研究家。『蘇りの秘術』を発表し、オカルト界隈を騒がせている。


白石美智代の母親・白石稔子の内縁の夫。本編の1年と少し前から、白石家に出入りする様になった。

懲役刑に服していた過去があるらしいが、詳しい事は不明。


20年以上前に『根島事件』と呼ばれる虐殺事件を起こして、話題になった男。


💉

『ヒハク石鹸』会長の個人秘書。会長・山森ナツヱを崇拝しており、絶対服従を誓っているかの様な鋼の忠誠心と、迅速・正確な業務の遂行力を見せる。

本社の従業員はもちろんの事、工場や倉庫の臨時従業員や主要取引先まで、関係者の顔と名前は全て把握している


  • 山森ナツヱ(やまもり -)

『ヒハク石鹸』の元社長。2年前に現役引退し、会長という立場に落ち着いているが、未だ影響は力は大きい。

その豪腕ぶりから、一部では奇怪な魔力を持っているとか、「ヒハクの魔女」と呼ばれるなど、ミステリアスな噂が絶えない。


パラノマサイトらくがき

パラノマサイトの案内人。カラーテレビがポツンと設置された空間に佇んでおり、プレイヤーはこのテレビの中で上に挙げた興家達のストーリーを進めていく事になる。

言わばチュートリアル役なのだが、プレイヤーの事を認知していたり、設定やメニューについて言及するなど、第四の壁破りを自然に行ってくる


本所七不思議

物語の根幹にも関わる本所七不思議だが、このゲームのために創作されたものではなく、実際に本所地区で伝承されている奇談・怪談である。本作では「今日に残る伝承は何らかの事情により婉曲されて伝わったもので、話の元になった事実は別物である」という設定が追加された。

この「元になった事実」では9人の死者が出ており、彼等の恨みが呪影(じゅえい)となり、古い根付の呪詛珠(じゅそだま)に込められている。呪詛珠を持つ呪主(かしりぬし)は、霊感がなくとも呪詛を扱える様になる。この呪詛で他者を呪い殺す事で得られる滓魂(さいこん)が『蘇りの秘術』の行使に必要であり、呪主同士の壮絶な呪い合いを生む事になる。


七不思議一覧


コラボ

月刊ムー

世界の謎と不思議に挑戦するスーパーミステリー・マガジン、月刊ムーの監修で、本作の発売を記念した『本所七不思議探索地図 令和版』が製作された。墨田区観光協会から配布されているが、無くなり次第終了との事。


スクールガールストライカーズ2

田中幸子誕生日 櫂利飛太コス

石山貴也氏プロデュース作品であり小林元氏キャラクターデザイン作品という繋がりで、本作の発売直前である2023年2月27日~3月8日までコラボキャンペーンが実施された。

期間中はスタート画面に小林氏描き下ろしのコラボイラストが表示される。こちらのコラボイラストはスクスト公式サイトより壁紙としてダウンロード出来る。

期間中にログインで、特別ログインボーナスとして、上述の描き下ろしイラストを使用した家具『パラノマサイト コラボポスター』、プレゼントアイテム『なめどりステッカー』が配布された。

このコラボに合わせて3月新コスイベントも特別仕様に。2月の新コスイベント内でまなが発した「アンケン!お待ちしてるんだよ!」がまさかの伏線となり、ストライカー達がパラノマサイトのPRをする事に。このイベントのためにスクストにもパラノマサイトにも一切関係ないオリジナルキャラクターの描き下ろしまで行われ、異様な気合の入りようが話題になった。こちらのイベントの限定報酬は『櫂利飛太の私服』コス及び三種類の『なめどりステッカー』。

また、コラボ記念で両作に関わった石山氏・小林氏との対談動画が公開されている。


探偵・癸生川凌介事件譚シリーズ

こちらも石山貴也氏プロデュース作品繋がりでのコラボ。特設サイトも公開された。

小林氏により癸生川凌介および白鷺洲伊綱がパラノマサイト風の描き下ろし新イラストで登場する特別コラボムービーが公開されている。また、Twitterにてコラボムービー内に登場したオリジナルデザインのメモ帳とボールペンに上述の『本所七不思議探索地図 令和版』を加えたセットが抽選で当たるキャンペーンも開催された。


春ゆきてレトロチカ

2023年4月、『春ゆきてレトロチカ』スマホ版の発売を記念してコラボが開催された。内容は、両作Twitter公式アカウントのフォロー&キャンペーンツイートのRTで、小林元氏描き下ろしイラストが使用されたオリジナルAmazonギフト券やクリアファイルが抽選で当たるというもの。

また、両作のプロデューサーによる対談記事も公開されている。


狩野英孝のクリティカノヒット

スクウェア・エニックスYouTubeチャンネルの公式番組『狩野英孝のクリティカノヒット』にて、本作がプレイされている。

当初は序盤までのプレイで終了(全2回)の予定だったが、後に延長が決定、『クリアまでプレイします!SP』と題して、動画3本の追加公開が行われた。

追加公開分の動画にはパラノマサイト制作陣も登場し、クリア時には、パラノマサイト風にクリカノメンバー3人を描いた描き下ろしイラストが小林元氏から贈呈された。

こちらのイラストがプリントされたコラボTシャツも制作され、東京ゲームショウにて数量限定で販売される事になった。

また同じく東京ゲームショウにて、パラノマサイト制作陣とクリカノメンバーが『ブシドーブレード弐』で対決するステージ企画も開催。


超常ストア

錦糸町マルイにて、パラノマサイトのポップアップストア『超常ストア』が期間限定で出店。

当初、開催期間は2023年9月1日~18日の予定だったが、10月1日まで延長された。

さらに、11月3日~12日の日程で、神戸マルイでの開催も決定された。

ここでしか購入出来ないオリジナルグッズが取り揃えられている。通販での購入も可能。


スクエニカフェ

SQUARE ENIX CAFEとパラノマサイトのコラボが2023年9月23日~10月20日の期間で開催。

七不思議の伝承や作中の一場面、登場人物たちの好物をモチーフにしたフード・ドリンクメニューや、描き下ろしイラストを含むオリジナルグッズが販売される他、店内の特別展示も開催。

店長を務めるのは、「カフェ案内人」なる人物。


余談

  • 「多くのお客様に手に取っていただきたいから」という理由により、本作はかなりの低価格(1,980円)に設定されている。そのため、SNSなどではよく「サントラ(3,000円)よりゲーム本編のほうが安い」とネタにされる。
    • そのためセール時には、超常ストアのアクスタやコラボカフェのカツカレー以下のお値段に。


  • 電ファミ編集部によって開催された「推したいゲーム大賞2023」にて一位を獲得している。

関連動画

トレーラー


開発者インタビュー 【#スクエニの創りかた 】


外部リンク


関連タグ

スクウェア・エニックス


本所七不思議

関連記事

親記事

スクウェア・エニックス すくうぇあえにっくす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 318760

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました