ピクシブ百科事典

概要

メソポタミア神話における知恵と書記を司る
元々はマルドゥクの書記官であり大臣とされていたが、後にマルドゥクとザルバニトゥ息子であるとされたらしい。なお、エアの孫に当たる神で、妻はタシュメツ

角の生えた帽子を被り、元々は父マルドゥクのものであった翼あるドラゴンムシュフシュの上に乗っているとされており、彼の持つ運命の石板に個人の運命を刻む事が出来る為に人類にとって彼の存在は巨大であるともされている。

関連項目

メソポタミア神話

関連記事

親記事

メソポタミア神話 めそぽたみあしんわ

兄弟記事

コメント