ピクシブ百科事典

ネロス・サタナイル

ねろすさたないる

PARADISE LOSTの登場人物。
目次[非表示]

概要

隔離街の外、ツォアルと呼ばれる世界に君臨する巨大組織――「イルミナティ」の幹部。
アスタロス、コールドブラット、ストライフにマスターと呼ばれる謎の男。
年齢的には若輩のはずなのだが、超然とした雰囲気や、侵しがたい美貌から象られる微笑は、怖気だつほどに美しく、常人が直視すれば発狂するか、または自ら命を断つだろうと言わしめるほどの圧倒的な“格”が窺える。
感情の篭らぬその声音は幽冥の如く無機質ではあるが、誰しもに無意識下で“違っている”と感じさせる、奈落のような異質さを兼ね備え、誰も彼に逆らうことができない闇のカリスマ性を持つ。

組織に属しながらもイルミナティとは違う理念、"預言"の許に、配下の魔人たちを使ってリルを手に入れようと策謀を廻らす。

































正体

PARADISE LOSTのラスボス。
のちに神座世界における第三天・明けの明星・天道悲想天と呼ばれる存在。
自身という魔の究極を孕んだ存在を産み落とした神(すなわち第二天・堕天奈落)を愚昧なりと嘲笑う傍ら、旧文明の破壊を自らの意志のもと行った傲慢なる者でもある。

サタナイルの目的は罪(シン)から解放された新たなヒト、アダム・カドモン(完全なる生命)を創造し、神の領域に達する事である。
作中の天使とはその目的を達する為に彼によって創られた生命体である。
しかし、天使に心が生まれなかった為、この世にアビスの魔王を召喚し、ソドムを滅ぼす事でハルマゲドンを演出し、王冠にいる存在が干渉してくる事を目論むが、結果として預言という天啓を授かるに至る。






他作品での活躍

同じ神座万象シリーズに属するDiesiraeでは、その存在が地の文にて示唆される。
メルクリウスが使用した素粒子間時間跳躍・因果律崩壊(エレメンタリーパーティクル・タイムパラドックス)は、本作に登場する式アスタロスのアレンジとの事。

神咒神威神楽では第三天・明けの明星・天道悲想天として登場。
第一天、第二天より続いてきた善悪の闘争に終止符を打った彼は、悪を完全に駆逐した高潔な世界を創り出し、作中では万象電子で出来た機械の理と評されている。

ただし、PARADISE LOSTの世界ののちに神座に達したサタナイルだったが、その治世の末期に異世界から怪物が襲来し、超新星爆発で滅却されてしまった。
0か1しか認めないサタナイルは、自身の世界にが現れてしまった事に 「そうか。私は間違っていた。ならば消えよう。後は任せた」と潔く諦め、あっさりと退陣してしまったとされている。
神咒神威神楽の作中では、やたらと持ち上げられているメルクリウスとは対照的に、神としての責任感が欠如している等とやや否定的に評されている。

pixivに投稿された作品 pixivで「ネロス・サタナイル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 408

コメント