ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

鳥綱アマツバメ目アマツバメ科に属する鳥類。
アマツバメの仲間は、外見はツバメによく似ているが実際は全く違う鳥である。ツバメはスズメの仲間だが、アマツバメはハチドリの仲間である。
この仲間は一生のほとんどを飛んで過ごすため、足がψ字型(三前趾足)やX字型(対趾足)をしている他の鳥とは異なり、4本の蹴爪の全てが前向きについている「皆前趾足」を持つ。その足の形状ゆえに木や電線に留まることが出来ず、岩壁に爪を引っ掛けてぶら下がる習性を持つ。

ハリオアマツバメは全長20㎝ほどのアマツバメの一種で、中央アジアから太平洋地域にかけて生息する渡り鳥である。日本には夏にたまに訪れることがある。
尻尾が針のように突き出しているため、針尾雨燕の名が与えられた。

鳥類で最も早い飛行速度を有していることで知られており、一般に目にするツバメが60㎞/h程度なのに対し、ハリオアマツバメは平均160㎞/h、獲物となるを追う際には300㎞/hもの速度に達する。これは弓矢よりも速い(200㎞/h前後)という常軌を逸した速度であり、上空から落下するハヤブサにも匹敵するという。

岸壁などに唾液で固めた巣をつくるが、これはアツバメ(こいつもアマツバメ科。紛らわしい!)の作る高級食材「燕の巣」とは全く異なるので、間違っても取って食べてはいけない。最悪食中毒で死ぬぞ。

創作

マイナーな鳥なのであまり創作に出てくることは無い。
メイン画像は『テラフォーマーズ』に登場するハリオアマツバメ型の能力者三条加奈子。高い飛行能力を有する。

関連項目

鳥類 アマツバメ目 アメツバメ科 
野鳥 最速

関連記事

親記事

アマツバメ科 あまつばめか

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ハリオアマツバメ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2623

コメント