ピクシブ百科事典

ハンゾウ

はんぞう

ハンゾウとは、ゆでたまごの漫画『キン肉マンⅡ世』に登場する超人。
目次[非表示]

※『ポケモン+ノブナガの野望』に登場するブショーは→こっち
※アニメ版『戦国乙女』に登場する女忍者は→こっち
※『妖怪ウォッチ』に登場する妖怪は→こっち

概要

CV中井和哉
身長212㎝
体重115㎏
超人強度140万パワー(147万説も)
出身惑星IGA


キン肉万太郎の“火事場のクソ力チャレンジ”の二人目の刺客として登場した悪行超人
“ハンゾウ流極意”なる変幻自在の忍術を使うノーリスペクトNo.2。通称は“鬼畜超人”、“問答無用の面剥ぎ師”など。

赤ん坊の頃、実家の火事アニメでは隕石群が惑星IGAに降り注ぎそれに激突し、火に包まれたと変更)により顔面火傷。その醜い火傷の跡を隠すため上半分と頬を覆う般若の面を被り、その身体には赤い甲冑を身に付けている。

【キン肉マンの日2012応援企画】ハンゾウ


背中に納めることにより変化する右腕の“妖腕刀”で多くの超人の顔の皮を剥ぐ…というか丸ごと斬り落とす「御面頂戴」(残酷すぎるためアニメでは妖術で吸い取る設定に変更された)という凶業を繰り返し、一晩で10人を殺した事もある程の辻斬りとして畏れられていた。
指名手配犯フォーク・ザ・ジャイアント、超人ハンターボーン・コールドと結託し正義超人の総本山たるキン肉星を襲撃した際には、一人で295人の兵士を殺害、更に超人警察のコクモを殺した。
ザ・ニンジャらに捕獲され永久終身刑が科せられるも、前述のKKD習得戦に伴い、フォークやボーンと共に仮釈放され、日本の京都に送り込まれる。
清水寺でザ・ニンジャを殺害するも、万太郎のマッスル・ミレニアムレングスを受けて敗北。仮面を砕かれ正気を失うも、自らがボロボロになってもなお相手を思いやる無我の心を得た万太郎から、顔を(ニンジャの遺品である襟巻)で隠され、涙ながらに縄を受けた。

万太郎に倒された後に宇宙刑務所に収監されていたが、悪魔の種子襲来を受けて特別出所が命じられ、スカーフェイスバリアフリーマンイリューヒンケビンマスクと共に悪魔の種子討伐とミート君の奪還を誓う。
鹿児島県甑島にてゲッパーランドと壮絶な戦いを演じ、勝ち星を納める。
その正義超人入りした初試合にて「御面は無用」と面剥ぎをやめたことを大観衆の前で宣言した。かつての鬼畜超人は罵声ではなく歓声を持って歓迎されることとなった。



代表的な技

様々な忍術を使用した技巧派残虐ファイト「ハンゾウ流極意」を得意とする。

傀儡人型

手で触れたゴーレムを作り、ラジコンのように操作して離れた相手を攻撃する。ただし、痛みは実際に通じるため、ゴーレムの受けたと同じ個所が痛むのが欠点。
悪魔の種子編では海面から水傀儡を作っていた。

撥雲風車

襟巻を広げて折紙の様に折り曲げて手裏剣を作り、中に入って牛馬断体車として相手を切り裂く。応用技としてゲッパーランドとの海上戦では、巨大な帆掛け舟を作り上げる怒涛帆掛け舟も存在する。

釣鐘割り

空中で逆さまにして捕らえた相手の頭を、自らの膝と相手の膝で挟み込みむような体勢にし、両脚を前後に固定したままキャンパスに叩きつけるフィニッシュホールド。落下の衝撃で相手の頭は両方の膝の間に強く打ちつけられる。

余談

ちなみにハンゾウの声を担当した中井和哉ロロノア・ゾロを担当していることで有名。対して彼と対戦したザ・ニンジャの声を担当したのはサンジの声を担当している平田広明である。もしかしてONEPIECEでの関係を意識して役を決めたのだろうか。

名前の由来は実在した伊賀流忍者服部半蔵から。

関連キャラクター

フォーク・ザ・ジャイアント
ボーン・コールド
ザ・ニンジャ

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「ハンゾウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 78779

コメント