ピクシブ百科事典

バイパーII

ばいぱーつー

ゲーム「電脳戦機バーチャロン」に登場する架空の機動兵器
目次[非表示]

概要

型式番号:TRV-06k-H
戦術偵察バーチャロイド・バイパーの改良型(ちなみにバイパーはゲーム未登場)。VRによる高機動戦闘に重点が置かれた機体。『折り紙飛行機』と呼ばれることもある。
ジャンプ力・機動力はトップクラスだが装甲はゲーム中最低といってよく、ライデンの立ちレーザーなんか食らった日には目も当てられないほど。

武器として右腕の武装にビームバルカン(右手トリガ)7wayミサイル(左手トリガ)、胸部のホーミングビーム(両手トリガ)を装備するほか、特殊武器として空中から体当たりを行う「S.L.C.ダイヴ」を備える。
このS.L.C.ダイヴは無敵時間を備え、かつ攻撃力・追尾性ともに高いことからバイパーⅡの決め技として広く知られている。

近接武装はバルカンの砲口から形成したビームサーベルを装備。右トリガで右から、左トリガで左から横薙ぎに振るう。当たり判定はテムジンより広く、斜め後ろの敵を斬る事も可能。

偵察機なのにやけに重武装なのは、戦術偵察のコンセプト上『1.戦闘を行っている主戦闘VRに随伴・連携を行うことから戦闘に巻き込まれる可能性が高い』『2.機動性能への要求から装甲が犠牲になる傾向が強い』ことより、一撃離脱が可能な攻撃力が必要と判断されたため。

S.L.C.ダイブについて

バイパーIIの代名詞の一つともいえる特殊技であるが、実は当初から想定されたものではなく、実験中に起きた暴走・自壊事故を起こした現象からついたものであるという。
TRV-06バイパーも含めて経緯を説明する。

TRV-06 バイパー

テムジンのスケルトンを流用、ジェネレーター・アンプを強大化しつつテムジンを上回る機動性能を確保した、名前通りバイパーIIの初期モデル。
テストも順調だったため各部隊に配備が進められたが、徹底的な軽量化が祟り、ジェネレーター・アンプの出力が機体に凄まじい負担を掛け圧迫していた。
しかも、バーチャロン・ポジティブの高い人間が乗った場合には余剰出力が逆流し制御系を破壊、機体自身が自壊するという事故が頻発した
しかし代替機の目処が立たずTRVの必要性から補強作業を徹底的に繰り返した結果、機体重量増加したばかりか機体外見も変化し機動力は格段に落ちてしまったが、空中機動力は当時でもトップクラスであり、問題となっていた暴走事故も改善。
逆にその現象を攻撃に転用し、暴走時のパイロットの台詞「She's lost control!!」から『S.L.Cダイブ』と命名。型番も変更され、TRV-06k『バイパーII』として生まれ変わった。

テーマ曲



関連タグ

サイファー(VR) マイザー・・・アイザーマン博士により独自の進化を遂げた後継機群。

関連記事

親記事

バーチャロイド ばーちゃろいど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「バイパーII」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9838

コメント