2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

(声:高橋研二
スカイロフトに暮らす騎士学校の学生。ファイ曰く「頑丈純情の人」。
ガキ大将気質な性格で、周りの人間には威圧的な態度を取っており、ラスオストの二人を子分として連れ回している。
鋭いシルエットの髪型が特徴。名前の由来はおそらく「バード(bird)」から。

ゼルダに好意を寄せており、一緒に行動しているリンクの事をライバル視している。物語序盤では「鳥乗りの儀」で自分が優勝しゼルダと仲を深めるべく、リンクのロフトバードを閉じ込めたり、儀の最中に禁止行為である物(鳥の卵)を投げつけての妨害を行ったりと手段を選ばない面を見せていた。

ゼルダの行方不明後はすっかり落ち込んで部屋に籠っていたが、物語中盤でゼルダを探すためにリンクの後を追って大地に降り立つ。当初はリンクに代わって自分がゼルダを助けると宣言するも、すぐに封印の地の老婆からリンクとゼルダの背負う使命を教えられ、さらに彼女に諭されたことで自分でしかできない事を模索し始める。
なお、封印されしものとの一度目の戦闘を終え、老婆から話を聞いた後に神殿の外に出ると、バドが自分の無力さを嘆き悔しむ…というちょっとしたイベントが見られる。

後に封印されしものと戦うために爆弾投擲装置「パワフルピッチャーマシーン」を製作。その操縦者として封印されし者との戦いで重要な役割を担い、封印されしものが蘇る度にリンクの戦いを補助した(ぶっちゃけ、このパワフルピッチャーマシーンの活躍っぷりは相当なもので、これが無かったらリンクは詰んでいたレベルである)。

また、これ以降は横暴な振る舞いを止め、男気ある性格となってリンクとも友情を築いていくようになる。そして大地で過ごしているうちに自分のやるべきことを見出し、故郷に戻らずに大地で暮らしていく決心を固めた。

ゼルダがギラヒムに攫われそうになった際には怯えながら背後にある時の扉と老婆を庇うも、彼に「変な髪型」と呼ばわりされて一蹴されてしまう。
その後すぐにリンクを追いかける形で時の扉から過去に向かい、終焉の者が現れた際には、復活の儀式で女神の力を奪われたゼルダを身を挺して助け、最終決戦に挑むリンクに老婆からの助言を伝えた。

なお、上記の光景を見た終焉の者は、女神の騎士であるリンクの他に、かつて女神に助けを求めるだけだった人間が共に自身に抵抗しようとするのを見て不敵に笑いながらその行動を評価していた。

終焉の者が倒された後はリンク・ゼルダと現在に戻り、老婆の最期を見届けた。
エンディングでは迎えに来たラス・オストと共にスカイロフトに帰る姿が描かれている。おそらく今後は本人の宣言通り、スカイロフトと地上を行き来しつつ過ごしていくものと見られる。

その活躍から、リンクと並ぶ「もう一人の勇者」と称するファンもいる。

余談

寄宿舎での生徒たちの部屋は一つの広い部屋を衝立で区切って二部屋にしており、バドはラス・オストたちと部屋を分けているが、自分の部屋のスペースを広く取っているため、二人はかなり狭い部屋で生活している。ちなみにバドの部屋にはダンベルなどトレーニング機器が置かれている(サンドバッグにリンクの似顔絵らしきものが貼られている)ほか、自画像や鳥の羽などが飾られている。
腹いせのつもりなのか、バドが地上に降りてからはラスがバドの部屋を占領している。

地上に初めて降り立ったシーンでは小鳥を見て驚いていたが、これは作中に「小さな鳥は雲海を超えてスカイロフトにたどり着けない」、つまり「スカイロフトで過ごす人間は小さな鳥を見たことがない」という設定があるため。

封印の地の老婆のことは何かと気にかけており、リンクが過去に向かう際には(ゼルダとの再会のため気を遣ったというのもあるが)「バアさんの世話もしてやんなきゃいけねえし…」と発言しているなど、信頼関係を築いていたようである。

神々のトライフォースの数百年後を描いた漫画『リルトの誓い』には、オリジナルキャラクターとしてゴンザが登場する。武器はショートソード(未使用)、短剣、バクダンなど投擲武器を主体とする。
体格がよく正義感のある言動を見せるが、根は女好きのええかっこしい。
ハイラル城下の出身で勇者に憧れる青年だが、主人公リルトがマスターソードの使い手だと知ると嫉妬心から強奪し、更にはバクダンを投げつけて逃走する。
ガノンの配下である恐怖王ハギスに戦いを挑むも、資格無き者にマスターソードは答えず敗北を喫する。このことから恐怖心を植え付けられてしまうが、ハギスの力を知って尚戦いを挑もうとするリルトを見て立ち直り、相棒として同行する。
以後はリルトを勇者と認め「勇者を目指すよりリルトを見ている方が楽しい」と思うようになる。

「当初は主人公をライバル視していたが後に友情を抱くに至る」「横暴な振る舞いが見られたが実は臆病者」「しかし男気を見せるようになるまで成長する」「投擲爆弾を駆使して戦う」「大柄な体格で髪型が独特」と言った点が類似。

関連タグ

ゼルダの伝説 スカイウォードソード ゼルダ リンク
剛田武ジャイアン):特に劇場版での立ち位置がよく似ている。
ワッカ:見た目の雰囲気が似ており、序盤は特定の人物に対して横暴な態度が目立つものの、終盤で改心するといった共通点もある。
ボス:ライバル視しているコメディリリーフだが、コイツが居なければヤバかったシーンが共通している。

関連記事

親記事

スカイウォードソード すかいうぉーどそーど

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8205

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました